「工事差止仮処分申立」は自分のためにやる!

蓋を開けてびっくり!

「工事差止仮処分申立」裁判学習会という難しそうな学習会に、約100名もの方がご参加下さいました。

50名も集まれば…と思っていた私たちは、予想以上の関心の高さに正直驚きました。

 

まずはじめに地権者や支援者など3人の方からお話いただきました。

支援者のMYさんは付替え道路阻止行動の様子や県の動向を紹介し、

地権者のIHさんはダムサイトの地質に問題があることなどを指摘し、

「私たちは自分の財産を守りたいという人間の権利としての闘いをやっている」と訴え、

市議の山下さんは、3日前に開かれた収用委員会の様子と、石木ダムがもたらす水道料金値上げについて語りました。

 

そして、いよいよ馬奈木弁護士の登場です。

奪われるものは土地建物ではない。奪われる本質は人間の尊厳である。

資本主義の根幹をなすものは所有権であり、それは何者も侵害してはならない。

国家権力といえども個人の所有地に土足で踏み込んではいけない。

収用が許されるのは、本当にそれがみんなのためになる場合である。

石木ダムはそうではない。

みんなのためにならない事業に莫大な予算が投入されている。

まさに税金がドブに捨てられている。

そのために限られた予算が削られ、必要なところに回ってこない。

だから民事で闘う。

 

誰が裁判を起こすことができるのか?

被害を受けていると思う人は誰でもできる。

自分が必要だと思っていることに自分が出した税金が使われず、

必要のない石木ダムに使われていれば、立派な被害者である。

だから被害者として声を上げることができる。

声を上げることによって、自分の生活を守ることができる。

 

つまりこの仮処分の申立人になることは、地権者を守るためではない。

人助けではない。

自分のためにやるのだ。

私の生活は私で守る。

(その言葉を肝に命じました)

 

終了後提出されたアンケート用紙は42枚、

多くの方が裁判についてよくわかった、馬奈木弁護士の話はわかりやすかったと感想を述べ、

申立人になると答えた人は32人、これから検討するは8人、

既に申立人になっている1人、無記入1人でした。

また、その場で2人の方が委任状と負担金を支払っていかれました。

 

参加者の中には市民団体に所属している方も多く、今後それぞれの団体で集めてくださると思います。

このブログをご覧いただいている方々で、そのような団体には所属していないので個人的に参加したい

とお考えの方は是非メールでご連絡ください。

ishiki-hotaru@buz.bbiq.jp このメールアドレスをコピーして、宛先に貼付し、

申立人になる意志を明記してお送りください。

こちらから、弁護団に送る委任状や負担金の振込先などを添付して返信いたします。

 

よりよい暮らしのために、自分のために、多くの仲間と共に闘えることを願っています。

  

オンライン署名にぜひご協力ください!

石木ダム建設は説明不足。長崎県は一度立ち止まり、
公開討論会を開いてください。(Change.org)

ほかにも、こうばるを守るためやっていただけることがあります。

→あなたにできること

“「工事差止仮処分申立」は自分のためにやる!” への 4 件のフィードバック

  1. 地質の評価が、白紙の意味は、偽装、ねつ造、詐欺等、と疑惑を感じました

    やっと、数か月かけて、石木ダム建設の地質調査のコア、つまり、ボーリングの写真と柱状図とを比較したら、不自然なカ所が、解かりました。



    長崎県河川課は、不都合な情報は、隠ぺいした、と疑いを感じました。



    それは、地質の評価が、白紙になっていました。



    つまり、岩盤でない、と証明した様なものでした。



    また、ダム建設の地質が、4つの縦に、つながったボーリングしたカ所が、評価されていませんでした。



    つまり、考えられることは、地質の岩盤が無く、ぼろぼろの地質だった、と言うことです。



    おかしいカ所は、明らかにされていません。



    こんな卑怯な河川課の人間は、一部を除き、信用出来ません。



    将来、万が一、石木ダム建設が行われれば、地質が、岩盤でない所が、90箇所の中の18箇所ありました。



    だから、ダムの水は、水圧に耐えられなくなり、基礎の部分から壊れ、水が漏り、石木川に支流に流れ込み、下流にある石木ダム賛成者の住宅地に、流れ込むでしょう。



    ひとたまりも無いでしょう。



    賛成した人たちに報いが起こる、と感じました。



    石木ダム建設反対地権者13世帯60人を苦しめたからです。





    慈しみのこころが無いからです。



    昭和47年からの石木ダム地質調査を長崎県河川課が、正直に情報の開示を望むものです。



    あとで、しっぺ返しが恐ろしいものに、必ず、なるでしょう。







    最近は、マンションの杭を偽装したり、ねつ造したり、詐欺行為です。



    ここ長崎県河川課の石木ダム建設は、大丈夫ですか、と問いたい。

  2. Unknown

    山本さん



    説明不足ですみません!

    これはメールアドレスです。

    コピーして、宛先に貼付し、申立人になる意志を明記してお送りください。

    こちらから、弁護団への委任状と、振込先等が書かれた説明文を送ります。



    よろしくお願いします。

  3. 石木ダム建設は、中止する、と謝罪すべきである

    長崎県議会議長、及び佐世保市議会議長様宛に、「石木ダム建設は、中止する、と長崎県民、佐世保市民に謝罪すべきである」について、陳情書を送付しました。



    長崎県河川課ダム班は、ボーリングコア、及び柱状図の白紙評価について、「ボーリングコア採取状況が悪く、地質の評価が出来ないため」と言う返事でした。



    つまり、岩盤でないことを、証明しました。



    このまま、石木ダム建設をすれば、水圧で、水が流れ出し、ダムが崩壊し、土石流、あるいは、がけ崩れ、土砂崩れ等が起こり、人災が起こります。



    これまで、昭和47年から49年の白紙評価を、黙認してきたことは、県民、市民を騙して来た事実が明白だから、素直に、謝罪しなければいけません。



    そして、石木ダム建設は、無理です。



    ゴロゴロした石ころの地質は、岩盤とは、言えませんので、税金の無駄遣いの何者でもありません。



    早く、長崎県知事は、石木ダム建設を中止しなければ、取り返しのつかないことになります。



    今の建築技術でも、無理、と感じます。



    それは、4つの縦に列があり、白紙評価があるからです。



    左側は、墓があり、その近くには、3列の白紙評価の地点が13地点あり、ダム建設の右側に近い、真ん中には、1列の白紙評価地点が5地点、あります。



    90地点の18地点が、白紙評価でした。



    まだ、開示していない地点が6地点あります。



    まだ、他に情報の開示を長崎県知事に、申請をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です