第2回署名活動

明日9月27日(土)、第2回署名活動をおこないます。

  場所:佐世保市四ヶ町アーケード街(島瀬交番前)
  時間:12時〜14時

お手伝い大歓迎です!

 

今日、佐世保市議会本会議において、

私たちが提出した収用裁決申請の撤回を求める請願は、予想通り不採択となりました。

賛成したのは社民党議員3名と共産党議員1名の計4名のみ。

残念ながら、山下廣大議員は起立しませんでした。

24日の石特委員会に置いては、たしかこのようなことを言われました。

(録音が禁じられているので一言一句正確ではありませんが)

「会派としてこの請願に反対します」

「自分の考えは裁決の時、議場で1票を行使することによって示したい」

この発言に感動し、今日はたいへん期待して見守っていましたが、座ったまま…。

今回は山下廣大議員の1票は行使しなかったのでしょうか?なぜ?

それとも、起立しない=請願に反対=それが山下廣大議員の考えなのでしょうか?

それは無いと思います。それなら、委員会であのような発言はされなかったはず。

会派の考え=反対と自分の考えは違うから、わざわざあのような発言をされたのだと理解しています。

きっと、どこかから、かなりの圧力がかかったのでしょう。

しかし、議員にとってはどこからの圧力よりも世論の圧力の方が重いはず。

世論を大きく広げるためにも、署名活動を頑張らねば・・! 

 

オンライン署名にぜひご協力ください!

石木ダム建設は説明不足。長崎県は一度立ち止まり、
公開討論会を開いてください。(Change.org)

ほかにも、こうばるを守るためやっていただけることがあります。

→あなたにできること

“第2回署名活動” への 1 件のフィードバック

  1. また、署名して頂いた方は、50名です

    今日、集めた署名は、50名です。



    明日、石木ダム建設反対の署名活動の人たちに、持参します。



    まだまだ、これからです。



    こつこつと、佐世保市会議員の石木ダム建設賛成した議員の傍で、署名活動をして、民意を味方にするだけです。



    甘く見ているから、その怖さを思い知らせるだけです。





    佐世保市議会議員は、将来の佐世保市のビジョンを出来ていません。



    その1つに、佐世保市の財政赤字234億円の債務超過の問題の委員会をつくっていないことです。



    2つには、少子化の問題です。



    この2つの問題について、何も佐世保市議会議長は、委員会もつくらず、対応していない、と言う大問題です。





    佐世保市の財政は、234億円の債務超過です。



    その上、石木ダム建設費150億円が増加したら、どうなるのか。



    その上、石木ダム建設にかかる管理費やメンテナンス費が、約50億円の負担が増加します。(50年間を含む)

    1年間のメンテナンスの費用は、約1億円の経費が加算されます。





    借入金の上、更に借入金が増え、黒字に出来なければ、佐世保市長は、責任を取ることになるでしょう。



    そんなに、佐世保市民は、お金持ちではありません。だから、支払い出来なくなれば、水道水を止めます。



    その2は、少子化対策がされていません。



    子供が減少すれば、石木ダム建設は、無用の産物となることを、佐世保市議会議員は、理解していない。



    その対策の委員会もつくっていない。



    他の諫早市や大村市や島原市等は、つくったそうです。





    佐世保市議会は、サラリーマンの給料取りの様に、感じます。



    進歩発展は、佐世保市は期待出来ません。



    そう、思います。



    後は、佐世保市民が決めるでしょう。



    これ以上の出費は、反対するでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です