付替え道路工事再開85日目

今朝は霧が深かった。

ダム事務所前からゲート前に上がると、ゲートの中の付替え道路予定地も靄の中だった。

ダム小屋の先まで行って、石木川の川沿いから虚空蔵山を見るが霧に隠れて特徴のあるマッターホルンのような山頂は見えなかった。

2fd51de2c831abbf7d3f06065c2e1c1b

ダムができれば沈んでしまうNさんのお宅の裏庭にある銀杏が、黄色く色づいて霧の中で映えている。

590afea7ce06be138e82fc8f4dccae77

毎日見ても見飽きることがないこうばるの風景だ。

霧が深いゲート前で地権者の皆さんとしばらく座り込み。

5b27d48e70f62979cb28afc98ce40edf

12月5日ゲート前


いつもより少し遅い午前9時40分、ダム事務所の公用車3台で所長以下8人のダム事務所職員と3人の業者がやって来た。

65d872fcc6f4db7a25f27e9adbf94985

「ゲートの前を開けて下さい」 「妨害行為をしないで下さい」 「妨害物を自主的に撤去して下さい」 「工事をさせて下さい」

所長と次長が、これらの言葉を繰り返すだけだ。

これまでは、私たちがいるゲート前を10分ほどウロウロして帰って行ったのだが、先週あたりから滞在時間が少し長くなった。

c983b75f4637df19d7e0c62bed572647

今日はこれまでの最長、17分の滞在だった。

どれだけ時間が長くなろうとも、地権者のみなさんも私たち支援者も何も変わらない。

ただ、地権者のみなさんのここ川原(こうばる)の地で生きていく権利を守るために、闘い抜くだけだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です