こうばるに春よ来い

年末はギリギリまで雑用に追われ、年賀状が書けませんでした。

元旦に届いた年賀状にだけは・・と、パソコンに向かいましたが、

「おめでとう」の言葉がどうしても使えませんでした。

 

石木ダム建設予定地川原(こうばる)では、昨年ついに強制収用が始まってしまいました。

今年もさらに多くの土地を、住民の家までも強制収用しようと、

県は土地収用法を楯に、強引に手続きを進めています。

そんな圧政には負けない!と、現地では毎日阻止行動が続いています。

雨の日も風の日も。暑い日も寒い日も。

寒さはこれからが本番です。

 

だから「おめでとう!」ではなく、「春よ来い!」にしました。

「おめでとう」の言葉は、もう少し先にとっておきます。

きっと心から言える日が来るはずだから。

 

その日のために、今年も皆さんのご支援ご協力を、どうぞよろしくお願い致します。

 

“こうばるに春よ来い” への 1 件のフィードバック

  1. 民意を味方にすれば、勝利します
    「石木ダム建設は、間違っている」と言うことを県民、市民、町民に訴えることです。

    また、川棚町議会や長崎県議会を通して、石木ダム建設の欠陥と危険性と安全でないことを、説明します。

    今、その手続きを踏んでいます。

    その上で、国土交通省に、「中止」を陳情し、「再評価の阻止」の説明します。

    その説明をすることで、「石木ダム建設を、必ず、中止にします。」

    今年は、去年と同様、忙しくなる、と感じます。

    石木ダム建設反対にご理解とご協力を、切にお願いします。

    皆様方のご協力が、血や肉となり、力になります。

    よろしく、お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です