続続続 石木へのイシキ

7週目の「石木への私のイシキ係」の記事(ライフさせぼ)を紹介します。

久々に「ダムは必要」という方が一人増えています。

そして、ご意見を読むと、ヒコーキさんが多分その1票を投じた方なのでしょう。

 

ヒコーキさん、貴重なご意見ありがとうございました。

私はライフさんとは無関係なのでお礼を言うのもおかしいですが、

ダムが必要と言う方の理由を知りたかったので、有難いと思ったのです。

 

ヒコーキさんは、「佐世保のダムの貯水量は2ヶ月分しかない」と思っておられるようですね。

多分そう思っている市民は多いでしょう。

だって、市や県がそう説明してますからね。

ところが、そうではないんですよ。

 

佐世保地区(旧佐世保市)には6つのダムがありますが、

その有効貯水量の合計は、6,438,000m3なのです。

それは、水道局のホームページにちゃんと出ていますよ。ここをクリックしてみて下さい。

http://www.city.sasebo.nagasaki.jp/www/contents/1274226545292/index.html

 

今開いてみると、12月1日現在の情報が書かれていて、前日の配水量は70,490m3です。

では、この11月30日の総配水量で計算するとダムの水は何日分あるでしょう?

6,438,000÷70,490=91.332・・・  

約91日分、つまり3ヶ月分あるのです。

当局の説明は1ヶ月分もサバを読んでいるのがおわかりでしょうか。

 

いや、もしかしたら、その日の70,490が特別少なかったんじゃないの?

とお考えの方もいるでしょう。

いいえ、先月=11月の平均配水量は、69,599m3でした。

 

ほんとかな〜?と思われる方は、毎日このページにアクセスしてデータを記録してみてください。

そして、ご自分で確かめてみてくださいね。

 

それから、このページには、ダムの貯水率が示されています。

いまは99.9%です。

この1ヶ月ずーっと99%以上です。

最低で、99.2%でした。

 

ちょっと不思議に思いませんか?

雨が降った翌日は100%、その翌日は99%くらいあっても、

晴れた日が4,5日続けばもっと減るのでは?って思いますよね〜

ところが、ダムは川の水を止めて溜めているわけですから、

雨が降らなくても、川の水が流れている限り、流れ込む水量があるわけです。

 

ですから、さきほど3ヶ月分あると書きましたが、

現実には、もっともっと余裕があると考えていいと思います。

 

ヒコーキさんがこのブログを見てくれる機会はおそらくないでしょうが、

ヒコーキさんと同じように思っていた方がいらしたら、

このような見方考え方も、参考にして頂きたいと思います。

そして異論・反論などありましたら、どうぞご遠慮なくコメント欄に書き込んで下さい。

                   

続続 石木へのイシキ

 

今週もダム不要論ばかり。

11月4日に掲載された、このアンケート企画そのものに対する怒りの意見が掲載されて以来、

ぱったりです。

 

ダム必要派の他の皆さんも同じお気持ちだったのでしょうか?

「差出人不明さん」が書かれたように、この企画・記事は偏っているので、そこに投稿する気はない。

ということでしょうか?

 

私たちには、どこが偏っているのか全く理解できませんが、

もし、そう思われるのなら、偏らないように、あなたがたのご意見をしっかり、たくさん届ける、

そうすれば、あなたがたが感じる偏りも是正されるでしょうし、

また、双方の考え方が比較でき、私たち多くの市民の参考になると思うのですが・・・

 

続 石木へのイシキ 

昨日のライフに掲載された「石木への私のイシキ係」の記事を転載します。

 

「ダムは必要だと思う」人の数は、第1回目のまま3票で、

「必要だと思わない」人の数は、着実に増え、今回は34票に達しました。

実に10倍以上です。

 

この数がそのまま佐世保市民全体の意識の割合だとは思いません。

でも、水問題や自分たちの暮らしについて、あるいは地域について、

あるいは環境について、未来について等々、イシキを持っている人たちの

石木ダムへの意識の割合を示しているのではないでしょうか?

 

ともあれ、数のことよりも、コメントに興味を感じます。

 

以前は「石木ダムはいるのかナァ〜」と思ってたO・Sさん。

なんと市議会のTV中継を見て疑問や関心が生じたというのです。

これを知ったら、Y議員やH議員はきっと大喜びでしょう。

本会議で何度も何度も漏水問題や需要予測の過大さ、推進派のヤラセ等々

追及してこられましたからね〜

 

素朴な思いを率直に綴られたN★Aさん。

「50年作らなくても大丈夫だったんだし」

「断水などの処置も一時的なもので、少し我慢したり苦労したりすれば済むもの」

「自然を壊すのはたやすいけど、再生させるのはとても難しい」

これらのコメントに頷きながら読んだ人も多かったのではないかな〜

 

「中年女性」さんは、

「本紙はかたよった記事には読みとれないです」とライフを支持しています。

これは多分、11月4日号で掲載された「差出人不明」さんの怒り心頭に発したコメント、

「情報誌が偏った意見を載せるなんて!!」への感想でしょう。

このライフ批判に対して反発を感じた人は多かったのではないでしょうか?

だから「中年女性」さんの意見に共感しながら読み進み、

でも、最後で「アレ?」と違和感を感じた人もいたでしょう。

佐世保市民の水の使い方についてです。

この方の周りには、水をジャージャー出しっぱなしで使う人が多いのかもしれませんね。

でも、統計的にみると、佐世保市民の生活用水はとても少なくて、

全国でも節水の優等生なんです。(215の大規模水道事業体中5位)

水の再利用(お風呂の残り湯など)や、溜めすすぎなど心がけてる方も多いですね。

同じ佐世保市民でも人それぞれですから、意見が分かれても当然です。

 

このように率直な意見を出し合うことによって、知らなかった情報を得たり、

佐世保市の水事情に、より多くの人が関心を持つようになればいいなぁと思います。

 

引き続き注目していきましょう。

「ライフさせぼ」は毎週金曜日発行です。

でも、前日の木曜日には、スーパーや駅や街角のチラシボックスに置いてありますよ。

 

おっと!

私は決して「ライフ」の回し者ではありません! 

 

 

 

 

 

ライフ〜石木へのイシキ〜

これは、「ライフさせぼ」というタウン情報誌の記事です。

月刊誌もありますが、週刊誌は特に人気です。

一般誌はテレビ欄しか見ないというような人でも、ライフはよく読んでいるようです。

佐世保市民にとって、欠かせない情報源です。

 

今日、久しぶりに近くの郵便局へ行ったら、

(最近は大きくても重くても80円で送れるメール便を利用することが多くて…)

窓口の女性が、

「この前、ライフに出てましたね。石木ダム、私も要らないと思ってます!

頑張ってください。応援してます!」と声かけて下さって、ビックリ!

えー!あんな小さな写真でわかったの?

あんな前の記事を覚えていたの?

あの後、新聞やテレビで全国集会のこと、もっと大きく取り上げていたのにな〜

そっちは気付かなかったのか…

恐るべし、ライフさん!

 

そのライフが、10月21日から、「石木ダムへの私のイシキ」というテーマで、

アンケートを始めました。

 

初めて結果発表があった28日の記事には、

ダムが必要だと思う人は、思わない人の3分の1でした。

 

 

 翌週の集計では、「必要」は「不要」の6分の1!

でも、このアンケートの企画に「怒り心頭」の意見が寄せられていました。

「差出人不明」さんは、「情報誌が偏った意見を載せるなんて!!」と激怒なさっていますが、

どこが偏っているのかさっぱりわかりません。

主人公である佐世保市民に、あなたはどう思いますか?

石木ダムについてのあなたのイシキを聞かせて下さい、とお願いして、

それに応えて、寄せられた答を集約し、コメントを掲載しているだけなのに。

 

先週の石木欄では、賛否の集約はせず、コメントだけが紹介されていました。

Q1や2に対する答えが書かれてなかったのか、

何か問題があったのか、

理由のほどはわかりませんが、

数字がなくてもいいので、このコーナーを少しでも長く続けて下さることを、

切に願っています。

 

そうなんです。

推進派でも反対派でも、なんでもいいから、

それぞれの考えを出し合うことが大切だと、私は思うのです。

 

これまで、石木ダムのこと何も考えてなかった人たちがこれを見て、

そうなんだ〜、あの人たちはそういう考えでダムを造るべきと言ってるのか〜、

この人たちは、そう言う理由でダムは要らないと言ってるのか〜、

と知ることができるし、

じゃあ、自分はどう思うか?どっちの考えに近いかな?

こっちかな?あっちかな?

どっちもどっちでまだわかんないな・・

と思っても、毎週少しずついろんな意見を読んでいくうちに、

きっと徐々に理解が深まって、私はこう思う!というイシキが生まれると思う。。

 

そのような市民一人ひとりのイシキが何より大事。

この小さなイシキの芽が、いつか枝々から一斉に芽吹いて、生き生きと萌え出して、

大きな樹木に生長するといいなぁ・・・

それは民主主義という名の樹木かもしれない。