「石木ダム建設促進佐世保市民の会」 構成団体一覧

昨夜の記事のコメント欄に、このような書き込みがありました。

 

佐世保市はいったいどうなってるんですか〜?

私も民生児童委員を長年やってますが、信じられないような事です。

私の町では考えられません。

民児協が組織的に政治活動に参加するのは絶対におかしいです。

佐世保市の民生委員さんたちは何も声を上げないのでしょうか。

それともほとんどの民生委員さんは佐世保市民児協が「市民の会」に入っていることすら知らないのでは?

それにしても市とつながりのある団体をなりふりかまわずかき集めたという感じですね。

ほかにもPTA連合会とか、???と思うような団体があったような気がするのですが

一覧を教えて頂けませんか。

 

そうですか。

やっぱりねー。

フッチーさんの町では考えられないようなことを、佐世保の民児協は20年以上やってきたってことですね。

では、ご質問に答えてご紹介いたします。

石木ダム建設促進佐世保市民の会の一覧です。

 

佐世保市医師会

佐世保市歯科医師会

佐世保市連合町内連絡協議会

佐世保市薬剤師会

佐世保市民生委員児童委員協議会連合会

佐世保市商工会議所 会頭

佐世保市生活学校連絡協議会

佐世保市連合町内連絡協議会婦人部

佐世保市森林組合

佐世保市中部地区町内協議会

佐世保市東部地区連合町内会連絡協議会

佐世保市相浦地区連合町内会

佐世保市西地区町内連絡協議会

佐世保市北地区町内協議会

佐世保市九十九地区町内連合会

佐世保市商工会議所女性会

JAながさき西海させぼ地区女性部

佐世保青年会議所

佐世保市老人クラブ連合会

佐世保市PTA連合会

佐世保市水産振興協議会

JAながさき西海農業協同組合

佐世保管工事協同組合

佐世保観光コンベンション協会

長崎県建設業協会佐世保支部

佐世保市食品衛生協会

佐世保市商店街連合会

佐世保市保健環境連合会

 

以上、28団体です。

PTAも明らかにおかしいですよね。

町内会関係だけで8団体もありますが、

各団体でそのような決議をやったとすると、反対派はその町に住めないことになります。

住んでも肩身の狭い思いをして、村八分的な中で生活することになるでしょう。

でも、現実は違うはずです。

その町内会の住民のほとんどは、

自分たちが石木ダム建設促進市民団体の構成員であることすら知らないでしょう。

 

各団体のトップの人たちだけの意思で、

行政との癒着の中で発足した「市民団体」の匂いプンプンです。  

 

 

 

民生委員法第16条

9月6日に告示された石木ダムの事業認定において、その理由の中に、このような一文があります。

また、佐世保市、川棚町、石木ダム建設促進佐世保市民の会等から

本件事業の早期完成に関する強い要望がある。

 

「石木ダム建設促進佐世保市民の会」とは、何度も紹介しているヤラセ市民団体のこと。

運営費は全部市から出ており、事務局も市役所の中にある。

つまり、石木ダム共同事業者である佐世保市の出先機関ということ。

どこが「市民団体」じゃ!?

 

しかも、私たち「石木川まもり隊」はじめ県内の石木ダム反対派市民団体は、

同促進市民の会よりも、よほど熱心に「要らない!」と訴えてきました。

認定庁である九州地方整備局(福岡)へ、長崎県内から何度も足を運び、

もっと何度もたくさんの資料を送り…

しかし、そんなことは一文字も書かれていません。

何もなかったことになっています。

国は、「本当の市民」の声など、聴く耳は持たないようです。

市民のお面をかぶった役所の声にしか関心がないようです。

 

ところで、

そのヤラセ市民団体「石木ダム建設促進佐世保市民の会」は28の団体から構成されていますが、

その一つに「佐世保市民生委員児童委員協議会連合会」というものがあります。

なんかひっかかるな〜

民生委員さんが「石木ダムを早く造れー、地権者を追い出してでも造ってくれー」って言うんですか?

それって許されるの?

 

で、調べてみると、

民生委員法第16条には、このように書かれています。

民生委員は、その職務上の地位を政党又は政治的目的のために利用してはならない。
2  前項の規程に違反した民生委員は、第十一条及び第十二条の規程に従い解嘱せられるものとする。

で、この条文について次のような解説が付されています。

民生委員が職務遂行上の地位を政治的利用することを禁止し、これに違反したものを解職することを規定したものです。なお、本規定は、民生委員の職務を離れて、一個人として政治活動を行うことまで禁止しているものではありませんが、担当区域内での政治活動については、職務上の地位を利用したか否かの判断が非常に困難です(誤解を受けやすい)ので、それだけに民生委員としては、担当区域内における政治活動は、できる限り避けるべきでしょう。

 

やはり…

石木ダム建設という政治目的のために促進の声をあげるのは、どうみても16条違反ではないでしょうか?

民生委員さんが個人的に入会するのはまだ許せるとしても、

「佐世保市民生委員児童委員協議会連合会」として入会し活動するのは絶対おかしい!

そう思いませんか?

もしかしたら、佐世保の民生委員さんは全員解雇?されるかもしれませんよ〜

今のうちに、こんな会からは脱退しておくべきではないでしょうか?

 

励まされた市民の声

 

長崎新聞6月22日の「声」の欄に掲載された、市民からの投稿です。

長崎市民でありながら佐世保の水需要の実績と予測についてよくご存知のようですし、

事業認定のこともしっかり把握しておられるようなので、

読後すぐは、石木ダムに反対している長崎の市民団体のメンバーの方かと思っていました。

が、そうではありませんでした。

 

普通の市民の方が、このような思いで、石木ダム問題を見守っていてくださることに、

大きな励ましと勇気をいただきました。

 

そして、その2日後、本明川ダムについて書かれたデスクノートにもです。

 

本当にダムで水を供給する必要があるのか?

これは、現在計画中の多くのダムに共通する疑問です。

人口がどんどん減っていくというのに、

現実には、給水量はどんどん減っているというのに、

自然破壊や巨額の財政負担を招いてまでダムが必要か?というのは、

ごく素直で当然の疑問ですよね〜 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ

クリックしてね

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ

 

住民の声に耳を傾けて

昨夜は、今年最初の「石木ダム建設反対連絡会」でした。

あのオンボロな(失礼!)川原公民館で、

ストーブの音は轟轟と鳴っていても、コートを脱げない寒さの中での会議。

特に大きな議題はなく、

佐世保市水道局による石木ダム事業の再評価の状況についての説明がメインでした。

そして、みんなのもう一つの関心は、新政権によってダムに関する政策はどう変化するのか?

石木ダムはどうなるのか?

 

どこが政権取ってもおんなじ。

民主党政権になったときはホントに期待したけど、

結局なーんも変わらんかったですもんね。

こうやって50年間闘い続けても何も変わらない・・・

と、地権者の一人S子さんがしみじみつぶやきました。

続けて、

      でも、今は私たちだけでなく、こうして皆さんも一緒に闘ってくださるから

      本当にありがたいです。心強いです。

と。

 

私たちは、心の中で、その言葉に感謝しながら、

地権者の皆さんと共に、今年も私たちにできることを精一杯頑張っていきたい…

と思ったのでした。

 

ところで、熊本県の立野ダムに関する新聞投稿記事を紹介します。

1月9日付の熊本日日新聞に掲載された読者投稿文で、

水源連のMLで目にしたのですが、とても共感しましたので、

転載させていただきます。

 

     双方向性欠く公聴会は疑問
                          赤木光代(熊本市)

 昨年9月、立野ダム建設事業の検証結果に関する公聴会
(国土交通省主催)が南阿蘇村で開催された。白川流域住民
として立野ダム建設はふに落ちないという意見発表をしたい
と思い、受付で申し込んだところ留意事項という書面を渡さ
れた。ダム建設を妥当とする素案に対し、公聴会で出された
意見については、個別に答えることはできない旨が記され
ていた。
 情報公開法の趣旨は、行政機関の説明責任である。同法
施行から10年以上たつ。住民の意見に対し、このような
問答無用の姿勢では、説明責任が果たされたとはとても
思えない。
 1997年制定の改正河川法では、河川行政に関し、住民
参加と環境への配慮を義務づけている。素案は、国、県、
流域7市町村長で構成する「検討する場」で提示された。
しかし、県知事選をはじめ、各首長の選挙で争点化もされ
ていない。住民の合意なき、とりまとめである。
 一方向だけの公聴会ではなく、住民の疑問・質問に
答える双方向性のある集会の開催で、合意を図るべき
と考える。

本当に、その通りだと思います。

国交省は改正河川法を制定した頃の初心に戻って、真摯に取り組んでほしい。

住民の声にきちんと耳を傾けてほしい。

法律や河川工学や経済など、各分野の専門家、有識者?の意見を聴くことも大切ですが、

固有の川、○○川そのものについての一番の識者は、やはり流域住民なのですから。

その住民の疑問にはとことん答えて説明責任を果たすべきだし、

住民の意見も取り入れてこそ、

みんなの責任で、末永く、川を守っていけるのです。


中村知事は、昨日、諫早湾開門問題で林芳正農相を訪ね、

地元の理解が得られない中、一方的に開門準備を進める姿勢を直ちに見直してほしい

と要請しましたが、

その知事に私たちも言いたいです。

地元の理解が得られない中、事業認定手続きを進めよと国に迫るのは見直してほしい!

 

チェンジ!

2012年の幕開けです。

今年は石木ダムにとって節目の年になるだろう、

少なくとも何らかの変化が現れるだろうと言われています。

 

まもなく有識者会議のまな板に乗せられ、その後示される国交省の「検証結果」、

それを受けて動き出す事業認定問題。

右か左か、前か後ろかはわかりませんが、必ずボールは動きだす。

八ッ場ダムの結果をみれば、石木ダムも事業継続の方向へ動き出すことはほぼ確実でしょう。

現政権には、2年数か月前に掲げた目標も理想も残ってはいないようです。

「コンクリートから人へ」ではなく、今や、「人からコンクリート」を目指す政策集団にチェンジしたかのよう。

 

しかし、昨年、大自然の脅威を見せつけられた私たち国民はコンクリート文明の脆さを痛感しました。

政府や県の官僚や政治屋にはもう期待できない・・となれば、

私たち自身が声をあげ、私たちの生きる環境を守り、政策を変えるしかありません。

今年も皆さんと共に、微力を尽くしたい。

 

真の文明は、

山を荒さず、

海を荒さず、

人を殺さざるべし      (田中正造)

 

 

続続続続続 石木へのイシキ

石木ダムへの市民のイシキ。

本日出ていたのは、このお二人の意見。

 

まるちゃんさんの感想ごもっとも!

専門家が水道局に「漏水対策の方法がわからないなら習ってきたらどうか?」と言いましたよね。

実は、すでに習いに行ってたようですよ。

長崎に。

長崎市水道局の方曰く、

佐世保市水道局から2回も来て教えてやったけれども、全然されないからなんでだろうかとずっと思ってました」と。

これは、県議の末次さんが、7月11日の環境生活委員会で明らかにされたことです。

議事録によると、この話の前に、末次議員は佐世保市の漏水についてこのように述べています。

これについては、佐世保市は今までどう言ってきたかというと、毎年8億円かけてやってきましたけれども、なかなか減らないということだったわけです。
長崎市がどうしたかというと、長崎市は95%ぐらいでしたか、 95%前後ですよね。
長崎市も平成6年の渇水の時は漏水が多かった。長崎市の水道局長に聞いてきたんですが、その後、数年かけてメッシュ方式、ブロックに区切って端と端を止めて行う方法でずうっとやって、長崎市は有効率を95%ぐらいまで上げてきたわけですよ。
私もそれを聞いて、佐世保市でこれをなんでしないのだろうかと。言ってもなかなかしない。
3年前から私が言い出して、やっと去年、西日本新聞でたたかれて、この方式を取り入れますということでやり始めた。そうしたら、やっぱり漏水というのはだんだん直ってきているわけです。

水道局も末次県議も言ってるように、最近は漏水対策に本気で取り組み始め、確実に漏水を減らしてきています。それは嘘ではありません。喜ばしいことです。

でも、まるちゃんさんが書いてるように、ダムを!と望む前にまずそれをやるべきでしたよね。

やるべきことをやらずにダムに頼ってきたその姿勢が問われているんですよね。

 

A・Aさんは、住民側と行政側どちらも意地になっているから「100年待っても解決しない」と思うとのこと。

ほんとに時間の無駄ですよね。

行政側は「今まで投入した資金がムダになるということへのバッシングを恐れて」意地になってる

と推察なさっていますが、それが当っているなら、声を大にして言いたいですよね。

撤退の決断を先延ばしにするほどにバッシングは大きくなりますよ。

いま決断すれば、バッシングよりも賞賛の声の方がきっと大きいでしょう・・と。 

 

 

続続続続 石木へのイシキ

 

 

今日のライフに掲載された市民の声です。

 

M・Nさん、20年前バス通学してたってことは高校生or大学生か?

とすると、今30代後半〜40代初め?

わー、若い!

 

講演会や学習会などやっても、若い方の参加は少ないし、

街頭ビラ配りをしても、若い方はあまり受け取ってくれないので、

石木ダムへの関心は薄いのかな〜と思っていましたが、M・Nさんは、

「明らかにダムって必要ないのに全然そっちの方へ進まないのはなんでだろう」

「思っていてもどこに意見や考えを伝えたらいいのかわからなかった」

「私にも何かできることがあるかもしれない」と感じていたんですね〜

たいへん嬉しいと同時に、このような市民がまだまだたくさんいるのかもしれない。

そういう人に私たちの活動を知ってもらうにはどうしたらいいんだろう?

どうやったら、こういう人たちに出会えるんだろう??

何だか宿題を出されたような気分です。。

 

匿名さんの気持ち、すごくわかります!

そうだよねー。

「石木ダムは市民の願い」と断定されるのは、

そう願っていない市民にとっては非常に迷惑だし、頭にきますよね。

「市民にすべて責任を押し付けている」

なるほど・・そうですね。そういうことになりますね。そこまで気付きませんでした。

責任転嫁もいいとこです!

「そちらが建てたいのに市民を使うのはやめてください」

そうだ、そうだ!

 

それにしても、なぜ、市は堂々と市民に責任を押し付けたりできるんでしょう?

それは議会に責任があると、私は思うんですよ。

「石木ダム建設促進決議」なんてことを佐世保市議会は2回もやっているでしょ。

市議は市民によって選ばれたんだから、市議が建設に賛成すれば市民も賛成してると見なされてしまう。

でも市議の皆さんは、ご自分の意思だか、どこかからの圧力だか知らないけれど、

おそらく、自分に1票を投じた人に意見を聞いて回ってはいないでしょう。

だから、私たちから声を上げなくては届かないんですね、私たちの意思は。

 

あなたが投票した議員さんに電話をかけて、

あるいはメールやFAXで、

あるいはお手紙で、

「もう石木ダムは要らないので、早く中止にするよう働きかけてください」ってお願いしてみませんか?

 

議員さんは大事な支持者の声だもの、きっと耳を傾けてくれるはず・・・

と信じて、とにかく、まずは声を出しましょう。 

思っているだけじゃあ、伝わりません。  

 

続続続 石木へのイシキ

7週目の「石木への私のイシキ係」の記事(ライフさせぼ)を紹介します。

久々に「ダムは必要」という方が一人増えています。

そして、ご意見を読むと、ヒコーキさんが多分その1票を投じた方なのでしょう。

 

ヒコーキさん、貴重なご意見ありがとうございました。

私はライフさんとは無関係なのでお礼を言うのもおかしいですが、

ダムが必要と言う方の理由を知りたかったので、有難いと思ったのです。

 

ヒコーキさんは、「佐世保のダムの貯水量は2ヶ月分しかない」と思っておられるようですね。

多分そう思っている市民は多いでしょう。

だって、市や県がそう説明してますからね。

ところが、そうではないんですよ。

 

佐世保地区(旧佐世保市)には6つのダムがありますが、

その有効貯水量の合計は、6,438,000m3なのです。

それは、水道局のホームページにちゃんと出ていますよ。ここをクリックしてみて下さい。

http://www.city.sasebo.nagasaki.jp/www/contents/1274226545292/index.html

 

今開いてみると、12月1日現在の情報が書かれていて、前日の配水量は70,490m3です。

では、この11月30日の総配水量で計算するとダムの水は何日分あるでしょう?

6,438,000÷70,490=91.332・・・  

約91日分、つまり3ヶ月分あるのです。

当局の説明は1ヶ月分もサバを読んでいるのがおわかりでしょうか。

 

いや、もしかしたら、その日の70,490が特別少なかったんじゃないの?

とお考えの方もいるでしょう。

いいえ、先月=11月の平均配水量は、69,599m3でした。

 

ほんとかな〜?と思われる方は、毎日このページにアクセスしてデータを記録してみてください。

そして、ご自分で確かめてみてくださいね。

 

それから、このページには、ダムの貯水率が示されています。

いまは99.9%です。

この1ヶ月ずーっと99%以上です。

最低で、99.2%でした。

 

ちょっと不思議に思いませんか?

雨が降った翌日は100%、その翌日は99%くらいあっても、

晴れた日が4,5日続けばもっと減るのでは?って思いますよね〜

ところが、ダムは川の水を止めて溜めているわけですから、

雨が降らなくても、川の水が流れている限り、流れ込む水量があるわけです。

 

ですから、さきほど3ヶ月分あると書きましたが、

現実には、もっともっと余裕があると考えていいと思います。

 

ヒコーキさんがこのブログを見てくれる機会はおそらくないでしょうが、

ヒコーキさんと同じように思っていた方がいらしたら、

このような見方考え方も、参考にして頂きたいと思います。

そして異論・反論などありましたら、どうぞご遠慮なくコメント欄に書き込んで下さい。

                   

続続 石木へのイシキ

 

今週もダム不要論ばかり。

11月4日に掲載された、このアンケート企画そのものに対する怒りの意見が掲載されて以来、

ぱったりです。

 

ダム必要派の他の皆さんも同じお気持ちだったのでしょうか?

「差出人不明さん」が書かれたように、この企画・記事は偏っているので、そこに投稿する気はない。

ということでしょうか?

 

私たちには、どこが偏っているのか全く理解できませんが、

もし、そう思われるのなら、偏らないように、あなたがたのご意見をしっかり、たくさん届ける、

そうすれば、あなたがたが感じる偏りも是正されるでしょうし、

また、双方の考え方が比較でき、私たち多くの市民の参考になると思うのですが・・・

 

続 石木へのイシキ 

昨日のライフに掲載された「石木への私のイシキ係」の記事を転載します。

 

「ダムは必要だと思う」人の数は、第1回目のまま3票で、

「必要だと思わない」人の数は、着実に増え、今回は34票に達しました。

実に10倍以上です。

 

この数がそのまま佐世保市民全体の意識の割合だとは思いません。

でも、水問題や自分たちの暮らしについて、あるいは地域について、

あるいは環境について、未来について等々、イシキを持っている人たちの

石木ダムへの意識の割合を示しているのではないでしょうか?

 

ともあれ、数のことよりも、コメントに興味を感じます。

 

以前は「石木ダムはいるのかナァ〜」と思ってたO・Sさん。

なんと市議会のTV中継を見て疑問や関心が生じたというのです。

これを知ったら、Y議員やH議員はきっと大喜びでしょう。

本会議で何度も何度も漏水問題や需要予測の過大さ、推進派のヤラセ等々

追及してこられましたからね〜

 

素朴な思いを率直に綴られたN★Aさん。

「50年作らなくても大丈夫だったんだし」

「断水などの処置も一時的なもので、少し我慢したり苦労したりすれば済むもの」

「自然を壊すのはたやすいけど、再生させるのはとても難しい」

これらのコメントに頷きながら読んだ人も多かったのではないかな〜

 

「中年女性」さんは、

「本紙はかたよった記事には読みとれないです」とライフを支持しています。

これは多分、11月4日号で掲載された「差出人不明」さんの怒り心頭に発したコメント、

「情報誌が偏った意見を載せるなんて!!」への感想でしょう。

このライフ批判に対して反発を感じた人は多かったのではないでしょうか?

だから「中年女性」さんの意見に共感しながら読み進み、

でも、最後で「アレ?」と違和感を感じた人もいたでしょう。

佐世保市民の水の使い方についてです。

この方の周りには、水をジャージャー出しっぱなしで使う人が多いのかもしれませんね。

でも、統計的にみると、佐世保市民の生活用水はとても少なくて、

全国でも節水の優等生なんです。(215の大規模水道事業体中5位)

水の再利用(お風呂の残り湯など)や、溜めすすぎなど心がけてる方も多いですね。

同じ佐世保市民でも人それぞれですから、意見が分かれても当然です。

 

このように率直な意見を出し合うことによって、知らなかった情報を得たり、

佐世保市の水事情に、より多くの人が関心を持つようになればいいなぁと思います。

 

引き続き注目していきましょう。

「ライフさせぼ」は毎週金曜日発行です。

でも、前日の木曜日には、スーパーや駅や街角のチラシボックスに置いてありますよ。

 

おっと!

私は決して「ライフ」の回し者ではありません!