ピースボート再びこうばるへ!

午前11時、阻止行動をやっているゲート前に1台の大型バスが!

長崎県営バスから降り立ったのは…

ピースボートのご一行様。

春のツアーでも「こうばる」を訪ねてくださいましたが、お客様にとても好評だったそうで、

今回もオプションコースとして募集したら、予想以上の参加者だったとか。

まずは、地元案内役の岩下さんの説明を聞き、

続いて、ゲート前で座り込みをしている人たちのもとへ。

皆さん、興味津々でいろいろ質問していましたよ。

最後は、ゲート前で記念撮影。

権力に負けない長年の闘いの現場を見て、元気をもらったとおっしゃってました。

とはいえ、今日もうだるような暑さ。

炎天下を歩きながら説明を聞くのは、本当にお疲れだったと思います。

 

お昼の会場に到着した時には、その涼しさに皆さん大歓声。

流れる水に素足を浸し、一休み。

そして、そうめん流しの始まりです。

今回のこうばるへのツアー客の半分は韓国からの方で、

聞いてみたら、韓国ではそうめん流しなどないとのこと、初めての体験に大喜び。

こちらは、その韓国の通訳の方。

本当に楽しそうに、そうめんを追いかけていました。

 

そうめん流しが終わると、各テーブルには、こうばるの皆さんも加わって、

賑やかな談笑の輪が広がりました。

やっぱり、若者は若者同士で話が弾んでいます。

シールズの奥田さんにはラッピングバスのコピーでお世話になったのですが、

実際にこの地を見て、歩いて、川に触れて、地元の人と語り合ってもらって、

本当に良かった・・・

 

そして、参加者の皆さんから「来て良かった」「今回のツアーで最高の場所だった」

との言葉を頂いて、こうばるの皆さんも大喜び。

初めは「社交辞令」との思いで聞き流していたのですが、

「ほんとよ!〇〇と△△と??にも行ったけど、こんなに感動したとこはない」

「最高のオモテナシを受けて嬉しかった」

「この人は辛口で、めったに褒めないの。この人が言うのだから信じて!」

とまで言われ、ようやく「ほんとですか〜?」とこうばるの女性たち。

連日の阻止行動で疲れているのに、様々な行事やお客様に追われる日々。

こうばるに関心を示し来てくれるのは嬉しいけど、

一方では、休みたいな〜との思いも本音ではあるはず。

 

でも、こんな言葉を聞くと、

やっぱり頑張ってよかった、これからも頑張ろう!という思いがムラムラと…

そんな思いが笑顔に滲み出ていました。

 

ピースボートのスタッフの皆さん、ありがとうございました!

お客様にとっても、こうばる住民にとっても、私たち支援者にとっても、

元気が湧き出るひとときでした。

 

また、お会いできることを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

当たり前の暮らしを求めているだけ…

今日の長崎新聞「声」の欄にこんな投稿記事がありました。


 

学生さんの正直な実感が伝わってきます。

石木ダム問題について少しは知っていた。

それはテレビニュースで何度か見ていたから。

その印象として残っていたのは、

鉢巻をして座り込む姿、必死の形相、怖い人たちかも?

でも、実際会ってみたら、

優しい笑顔、私たちと変わらない当たり前の生活を送っている人たちだった。

そして学生さんは思いました。

その当たり前の生活を守るため、ある時は心を鬼にして闘っているのだ

学生さんは石木ダムの是非については一言も触れていませんが、

「より多くの人にそのことを知ってほしい」と結んでいます。

 

この思いは、演劇「濁る水」の中でも感じました。

そして、いま、撮影が進んでいる映画「ほたるの川のまもりびと」の中にもしっかり流れています。

予告編を是非ご覧ください!

今年も雨のち ほたる祭り

いつものように、ほたる祭りの日は、川原公民館全体が調理場と化します。

こうばる住民13世帯だけでなく、住民の友人や支援者も手伝います。

県外で暮らす子や孫もやってきます。

Uちゃんも毎年大活躍。

子どもとは思えないテキパキとした仕事ぶり。

う〜ん。まさに「こうばる」ウーマンパワーのDNAを受け継いでるな〜と感心するばかり。

 

一人黙々と山菜おこわを混ぜているのはサカエさん。

年々こうばるのおばあちゃんたちのお手伝いが少なくなり、今年はついに一人です。

私が初めて手伝わせて頂くようになった7年前は5〜6人の方がいらっしゃいました。

お餅の丸め方、あんこの包み方など教えて頂きましたが、私は少しも上達せず…。

ただただおばあちゃんたちの手早くきれいな出来栄えに見とれるばかりでした。

 

私は今年もアンコを丸めましたが、こうばるでは、この餡も手作りです。

前日に各家庭で作ってきたものを持ち寄ります。

13世帯それぞれの色、味、固さが違います。

軟らかいものもあれば、硬めのものも。

それらを混ぜ合わせて、ちょうど良い硬さにして丸めます。

(こうばるの団結の秘訣はこれかな?)な〜んて思いながら、こねこねしてました。

 

夕方には雨も止み!祭り会場は例年通りたくさんのお客様!

田植え前の水を張った田んぼにも、祭会場の灯が映っています。

(川棚町出身東京在住のMSさん撮影)

テントの中では食べたり飲んだり、

金魚すくいや、ホタル籠作り、そして、こんなコーナーも。

(同じくMSさん撮影)

 

また、おやじバンドや和太鼓の演奏、シンガーソングライターのお坊さんの素敵な歌など、

楽しいライブも聴けました。

そして、一番会場が盛り上がったのが、うたごえ。

長崎市からやってきた「うたごえ」のオジサンやオバサンと一緒に歌っている地元の子どもたち。

♪ こーこーはこーおばるー ほーたるのさとー ♪

の「こー」と歌っているところ。

大人顔負けの大きな声で、とても上手に歌ってました。

 

  ここはこうばる 蛍の里

  自然を守る 人が住む

 

この歌に込められた意味など知る由もなく、

でも、一生懸命に歌う姿が、私たちの胸を打ちます。

この子たちのためにも、こうばるを守らなければ…

という気持ちが新たに湧いてきます。

 

こうばるの人々のおかげで、石木川の清流は守られています。

清流のおかげで、こうばるのゲンジボタルは今年も元気に光っています。

生命を謳歌するように、今年もたくさん舞っています。

 

東京の高尾山からやってきた友人たちがいいました。

 光が大きいねー、高尾山もゲンジボタルだけど、こんなに大きくないよ。

 こうばるのホタルは栄養がいいのかな〜?

かもしれない!その栄養はきっとビタミン愛だよ、石木川を愛する人たちの。

 

また昨夜は、演劇「濁る水」を作り演じてくださったステレオアートの皆さんも来てくださいました。

予期してなかったので、とても嬉しかったです。

 

友人たちとホタルを見ていたら、劇のラストシーンのように、ホタルが同期していました。

1つ1つの光は小さいけれど、一斉に光ると、とても明るい。

私たちの声も同期すれば、きっと大きく響くでしょう。

せーの!

     石木ダムは要りませ〜ん!    

 

 

ホタル、飛んでますよ〜

今朝の毎日新聞長崎版の記事です。

明日もきっと大賑わいだろうな〜

お天気は曇り、夕方の気温は24度、湿度74%との予報。

まずまずです。

ホタルたちは蒸し暑〜いのがお好きなので、もうちょっと気温が高めのほうが良さそうですが、

既に、もうたくさん飛んでいるようですよ。

 

昨夜こうばるの住民の方から写真が送られてきました〜

ほらね!たくさん飛んでるでしょう〜

夕方の写真だから見えにくい?

では、拡大してみると・・・

ネ!

この乱舞を真っ暗闇の中で見たら、どんなに美しいか・・・

ぜひ、その目で確かめてください。

 

 

ほたる祭り 今年も熊本から応援団

今日は午後からいい天気になりましたね。

天気予報、アタリ!です。

明日木曜日も晴れらしい。

金曜日と土曜日は曇りらしい。

日曜日は曇りのち雨らしい。

前倒しになるとヤバイなぁ…。

なんでそんなに気になるかって?

だって、今度の土曜日は「こうばる ほたる祭り」ですよ!

年に一度の大切なお祭り。

まだ知らなかった方は、こちらを見てくださいね。

https://note.mu/ishimaruhozumi/n/nc1c785eb258a

 

こうばるのホタルを県内外からたくさんの方が見に来てくださるので、

(ちなみに私の友人も東京から3人やってくるんですよ!)

川原の皆さんはワクワクソワソワ張り切って準備しています。

 

でもね、

もしも雨が降れば、ホタルさんたちは飛ばないし、

近隣のお客様の数が減るので、用意したたくさんの手作りご馳走が余ってしまうだろうし…

どんなご馳走かって?それはね、

山菜おこわにお赤飯、おにぎり、白餅、あんこ餅。

山菜の佃煮(わらび、ぜんまい、しいたけ、たけのこ)にシシ肉の佃煮、

シシ肉のスペアリブ、かき揚げ、手羽焼き、コロッケ。

おでんに焼き鶏、ヤキソバ、にゅうめん、ほたる団子などなど。

毎年朝からお手伝いしてますが、覚えきれませーん。

 

こうばるほたる祭は、毎年5月の最終土曜日と決まっているのです。

雨天決行なのです。延期はないのです。(田植えのシーズンですからね〜)

お天気次第で天と地の差が生じてしまう。

だから、心配で心配で、毎日天気予報をクリックする今日この頃です。

 

さて、県外からのお客様の中には熊本からの固定客がいます。

「子守唄の里・五木を育む清流川辺川を守る県民の会」のメンバーです。

あの大地震で甚大な被害を受けながら、今年も、こうばるを応援するために、

石木川を守るために、やって来てくれます。

そして、祭を楽しむだけじゃない。

祭の翌日、川棚町内にポスティングしたいとこんなチラシを作ってくださいました。

両面印刷です。まず表から。

次は裏です。

ダムの怖さ、ダムの被害を長年にわたって体験している方々だからこそ断言できるのですね。

運よくこのチラシを手にされた方は、周りの方にも見せてあげてくださいね〜

 

ほたる祭りは、今週土曜日、18:00開始です。   

 

そして、翌日曜日のチラシ配りは、10時にJR川棚駅集合です。

駅周辺、川棚川沿いの住宅にポスティングします。

連絡・問合せは090−2505−3880中島さんまで。

 

お時間のある方、熊本の皆さんのポスティング、お手伝いしませんか〜 

 

 

こうばるにピースボート!

おお、本物のオーシャンドリーム号だ!

今朝7時前、ベランダから佐世保港三浦岩壁を見下ろすと、ピースボートが既に停泊してました。

この写真を撮ったのは8時頃。

早くも下船する人が列をなしています。

これからどこへ?ハウステンボス?九十九島?それとも米軍基地の見学?

あいにくの空模様。今にも雨が降り出しそう・・。夕方までもつといいですね〜

なんで私がそんな心配するかって?

実は、このピースボートのお客様の一部の方が、オプショナルツアーとして、

川原(こうばる)にいらっしゃるのです!

そう!悪名高き?石木ダム建設予定地の見学にいらっしゃるのです。。。

空気が美味しいね〜

僕のおばあちゃんちも、こんな感じの風景でしたよ。

なんか懐かしい気がするな〜

などなど呟きながら、のんびり散策を楽しむ皆さん。

あ!桜が川に映ってる!

桜と菜の花・・・似合ってますね〜

毎春思うのですが・・・年々菜の花が増えていません?

こうばるが菜の花色に染まっています。

公民館には、いつもの手作りの団結料理がスタンバイ。

さっそくカンパーイ!

しばらくは皆さん食べるのに夢中。

一段落したところで、こうばるを舞台にした映画のトレーラーを見せてもらいました。

映画製作のお知らせチラシも頂きました!

素敵なチラシです。

タイトルがまたいいですね〜

「ほたるの川のまもりびと」

仮題のようですが、これでいきましょうよ!と言いたいくらい。

本編への期待が一気に湧いてきました。楽しみです!

その後は本格的なおしゃべりタイム。

中には大学の先生や著名なDJさん、ニューヨーク在住のボランティアスタッフさんなど、

お客様の顔ぶれも多彩、さすがピースボート!

こうばるの皆さんも興味津々で、会話も弾んでいましたよ。

ピースボートの皆さんから、どんな支援の仕方があるか聞かれたので、

私からは工事差し止め仮処分申し立てについて説明させて頂いたら、

なんとその場で、4人の方が原告に加わってくださいました!

寄せ書きもたくさんいただき、最後はみんなでハイ、チーズ!

 

19:00、ヴォーという大きな汽笛と共にピースボートが出港です。

ベランダで見えなくなるまでお見送り。

明日はチェジュ島ですね。どうぞ良い船旅を!

楽しい思い出をたくさんつくって、無事にお帰りください。

そして、たくさんの思い出の1つとして、石木ダムのこと、覚えておいて頂けますように!

いつかまた、こうばるに遊びに来て頂けますように・・・。

 

第37回 3.14団結大会

川原公民館の前に全員集合!

今日は第37回3.14団結大会の日。

3.14とは3月14日ということ。

今から36年前の1980年3月14日、石木ダム建設絶対反対同盟が再結成され堅い団結を誓いました。

以後、毎年その日を記念して同盟員だけでなく支援者も集まり、

石木ダム計画が白紙撤回されるまで頑張ろう!との思いを新たにしてきました。

そして、37回目の3.14を前に、今日団結大会が開かれたというわけです。

 

大会は1時からで、その直前に、同盟の皆さんが集まって記念撮影。

言いだしたのはカメラマンの村山さん。

写真集「石木川のほとりにて」を出された、あの村山さんです。

だから、ほら、みんな笑顔!

 

午後からの団結大会に先立って、午前中、男性たちは石木川の大掃除。

高く伸びたヨシを刈り取って、河原で燃やしたり、

堰などに引っかかっているヨシやゴミを取り除いたり、

こちらは、薄くぼやけた文字を上書きして・・・くっきり!

「環境保全地域」「ネコヤナギ盗伐禁止」「ほたるの里」などなど、

勝手に命名、勝手に設置。

誰かのお墨付きを得るのではなく、自分たちで決め、自分たちで守る。

誇り高い人々です。

掃除が終わって公民館にやってくると、公民館では、まだ団結大会の準備中。

中では、女性たちが大会後の交流会のご馳走作りに大わらわ。

 

いよいよ大会が始まり、

例年通り、同盟を代表して岩下さんの挨拶、石丸さんによるこの1年の振り返りがありました。

そして来賓挨拶トップバッターは、石木ダム対策弁護団の高橋弁護士。

まずはじめに、今取り組んでいる事業認定取消訴訟(行政訴訟)と、工事差止仮処分申し立て(民事訴訟)の概要について、たいへんわかりやすい説明がありました。

そして、強調したい3つの事実とそのポイントが語られました。

① 13世帯がこれだけ反対している=13世帯の生活を強制収用によって破壊した例はかつてない

② 13世帯以外がこれだけ反対している=石木ダムの建設によって損害を受ける人がこんなにいる

③ 50年間造られていない=要らないということ

しかし、他人=裁判官や弁護団=をあてにしてはいけない。

皆さんの意思で皆さんが頑張ることが裁判官を動かし、知事を動かすことになる。

 

次に登壇されたのは、真島省三衆議院議員。

2月25日の衆議院予算委員会第8分科会で石木ダム問題を取り上げ、事業認定の不当性を追及した、その大要が語られました。

思わず笑ってしまったのは、治水安全度と流量予測値の怪。

真島議員:長崎県は石木ダム合流地点より上流は30年に一度の治水安全度で、合流地点より下流は100年に一度の安全度に設定している。100年に一度の大雨が降った時の流量計算はおかしいのではないか?その時は上流部にも100年に一度の大雨が降るはずで、しかし上流部はその対策ができてないので、越水して周辺に流れ出てしまうのではないか?

国土保全局長:ご指摘の点につきましては、現在裁判で係争中でございまして、訴訟の場において国の考えを述べ、対応したい。

裁判を理由に質問に答えようとしない官僚に頭に来た真島議員は委員会終了後、答弁者を呼んで、もう一度尋ねたら、上流の越水は認めたそうです。

しかし、県の計画流量はそれほど間違っているとも言えないと思うとのこと。

え!?なぜ?

「一度溢れた水が、また石木川に戻ってくるかもしれないから」

この答えには、聞いてる私たちも思わず吹き出してしまいました。

 

続いての登場は、パタゴニア日本支社長辻井隆行さん。

石木ダム問題に出会って、

「人権や環境の問題がこれほど極端に蔑ろにされていることに、個人的に憤りを感じた」

「僕たちパタゴニアにできることは分厚いカーテンを開けること」

と辻井さんは言う。

カーテンを開けた時に見えてくる景色。それを伝えたいと。

その景色とは、きっと石木ダムに繋がる人権、税金、環境等々の現実なのでしょう。

そういう問題を知って、それでも石木ダムが必要と佐世保市民は思うのか?

事実を伝えることが大事だと思う。

そういうことを「個人的にライフワークとしてもやっていきたい」と。

 

来賓の後は、県内支援団体からの挨拶やメッセージを伝え、

地権者の決意表明、決議文の採択、そして、団結ガンバローで閉会となりました。

 

閉会後はすぐにご馳走がいっぱい並んだテーブルが運ばれてきて、乾杯の後は、

写真を撮るのも忘れて、食べて、しゃべって、笑って・・・。

しばらくして、左隣の初対面の方とお話してみると、83歳の佐世保市民の方で、

子どもの頃こうばるに住んでいたとのこと。

 

昔、ここは公民館ではなく太子堂だったんですよ。

聞いています。あそこに今も祀られているんですよね。

と、聖徳太子像が安置された扉を指すと、

そう。その上に書かれた文字が読めますか?

と言われ、

そう言えば、汚れなのか模様なのか、読み取れない字があり、

何と書かれているのか前からずっと気になっていたのでした。

教えてほしいと頼むと、

あれは漢文読みするんですよ。

行者道を譲り、耕者畔を譲る。

 

なるほど〜

行き交う人は道を譲り合い、田を耕す人は畔を譲り合いなさいってことなんですね。

そうか・・・。

そうやって、譲り合いの精神で田畑を耕し、ふる里を守ってきた人々にとって、

道も畔も奪われるなんて言語道断、許されることではないでしょう。

 

この額は、佐世保市長の市長室にこそ飾りたい・・・ 

 

 

 

ノスリも訴えています

今日の川原は、昨日の雪がうっすら残っていました。

空気も冷たく、差し入れのホッカイロが役に立つかな・・と思いきや、

ゲート前テントの中はストーブの他にも七輪がいくつもあってほっかほかでした。

 

実は、先週の写真展で来場者の方々からたくさんのカンパを頂き、経費を差し引いても5000円ほど余ったので、毎日座り込みをしている地権者や支援者の皆さんに温まってもらおうとホッカイロを買ってきたのですが…

岩屋の見張り小屋の方は風通しがいいので寒いだろうな〜と思っていたら、こちらも意外に暖か!

この手作りストーブのおかげです。鉄板の熱が周りの空気に伝わって、とてもあたたかいのです。

お芋も美味しく焼けています。

「今年は、よう芋を食うたよ」

「こんなに食べたのは初めてだね」

女性と違って男性はあまりお芋が好きではなさそうですが、ここではTさんが持ってくる安納芋がとても美味しいので、このストーブの上でよく焼いては食べているそうです。

そのTさんが、1枚の写真を見せてくれました。

つい最近、ここで撮った「ノスリ」の写真です。

発見者のMさんによると、80mほど離れたところに停まっていたのだそうですが、とてもよく撮れていて、Tさんも得意げです。

ノスリとはウィキペディアによると、タカ目タカ科の鳥で、両生類や爬虫類などを食べ、

「人里近くにも生息するため環境破壊による生息地や獲物の減少の影響を受けやすく、生息数は減少している。鷹と似ているが鷹狩に使えない為、役に立たない鷹として、奈良時代には「くそとび」と呼ばれていた」そうです。

ずいぶんひどい名前ですね〜

でも実際は、「農作物の敵であるネズミを捕食してくれるので、農村部では有難い存在」でもあると『野鳥の里』に書かれていました。

そして、環境省の鳥類レッドリストに登録されています。

ノスリのためにも、川原の里を残したい!残さねば!

もちろん、13戸60人の住民の方の暮らしが第一です。

人として生きる権利を、誰も奪うことはできません!

 

霜柱

写真展が終わったので翌日15日、やっと川原を訪ねました。

今年初めての川原です。

 

8時過ぎ、Hさんの車から降りると、朝もやの中に煙が立ち上っているのが見えました。

岩屋の見張り小屋です。

暖を取るために、どんどん薪を燃やしているのでしょう。

まるで日本昔話の挿絵のようで、思わず見とれてしまいました。

が、すぐにHさんやEさんの後を追って、ゲート前のテントへ向かいました。

途中、足元の雑草を見ると、真っ白に霜を被っていました。

細い葉っぱの周囲が白く縁取られて、まるでオリヅルランのよう!

近づいて見ると・・・ワーオ!

まるで白いトゲが葉にびっしりと突き刺さっているよう・・。

こんな光景は見たことがありません。

子どもの頃、地面から突き出た霜柱は見たことがありますが、

葉っぱにも霜柱ができるとは・・・。驚きです。

寒暖差の違いでしょうか?

湿度の違いでしょうか?

川原は、大地だけでなく、植物にも空気中にも水分がたっぷりで、瑞々しい世界という証?

そして、厳しい寒さに耐えて生き抜くから、川原の菜の花はあれほど元気で輝いているのですね。

 

ゲート横のポットの花たちも寒さに負けず元気です。

コップを洗いに行ったY子さんが「見て、見てー!」と呼ぶので来てみると、

おお!ホースの水が凍っています!

ということは・・・夜明け前は氷点下だったということですね。

大寒はまだこれから。

川原の春はまだ遠い。

 

でも、川原の皆さんは負けません。

厳しい寒さの中、座り込みを続けています。

菜の花のように、明るく元気に、春の訪れを信じて闘っています。

 

だから、来るたびに私たちの方が勇気づけられるのです。

 

                       

 

炭焼き

ここは川原の炭焼き小屋。

何でも手作り、自給自足に長けた川原の皆さんは、なんと!炭焼きまでするという。

この冬は阻止行動のため、毎日、暖を取るための炭が欠かせません。

何しろ団結テントは2ヶ所になったのですから、炭も増産体制です。

小枝を絶え間なく燃やし、炭焼き窯の温度を保ちます。

この中にはたくさんの樫の木が積み上げられ、今は蒸焼状態です。

窯口は空気が入らないよう、耐火煉瓦と泥粘土で密閉。

窯口の上には、お酒と塩が置いてありました。

無事に炭ができますように・・と火入れの前にお供えしたもののようです。

焚口の横には、燃えカスを集めた火鉢の上で、お餅などを焼いて食べます。

いま焼いているのは、シイタケ。

すぐ下で栽培している原木から採ってきたばかりの新鮮そのもののシイタケ。

焼きたてのアツアツをほうばると、じゅわーっと広がる旨味と香り。

たまりません!

大きなシイタケを5〜6個もいただき、満腹です。

 

さて、原木の樫の木は、とても堅い木で、それが木炭に適しているわけですが、

これを切り揃えるのは、なかなか大変なようです。

電動のこぎりで切っても、簡単に、真っ二つにはなりません。

そこで、こうして三角に切ったくさびを押し込み、

これまた堅い樫の棒で、ガツーン、ガツーンと打ち込みます。

ついに、

パカッと割れました!

 

こちらでは、割れた木の表面を、電動ノコで綺麗に真っ平にしています。なぜ?

「イノシシをさばくまな板ば作ろうと思ってさ〜」とSさん。

楽しそう〜 

 

このように、昔ながらの豊かな生活が、ここには残っています。

 

燃え盛る炎は、まるで川原の人々そのもの。

ふる里を守り抜く!という思いはますます強く、熱くなり、

それは炭火となって、県内外に、確実に広がり始めています。