石木ダム事業認定取消訴訟

石木ダム事業の建設予定地には、自然豊かなこの土地を守り住み続けたいと願う13家族の家や田畑があります。その財産権や居住権は憲法で守られているはずですが、土地収用法という法律のもとでは、事業認定(とても公益性の高い事業だと認める国のお墨付き)がなされると、起業者がその土地を強制的に収容できることに繋がります。そこで、地権者は、「この事業認定そのものが間違っていた、石木ダム建設は決して公益性が高い事業でないと」して、2015年11月に事業認定を取り消すように求める訴えを長崎地裁に起こしたのです。

13回に及ぶ審理の末、2018年7月9日、判決が言い渡されましたが、それは、原告側の全面敗訴。不当判決でした。全て国の主張を認め、この事業の公益性は高い、国の判断は「不合理とは言えない」として、私たちの請求は棄却されました。

2018年7月23日、控訴人106名は福岡高裁へ控訴。控訴審第1回目は2018年12月19日、2回目は2019年3月11日、3回目の2019年7月3日でいきなり結審。原告側の学者による意見書も、その証人尋問も認めず、問答無用。11月29日が判決の予定です。

石木ダム工事差止訴訟


2016年2月2日、必要性の無い石木ダム工事によって地権者らの平穏な生活や権利が侵害されているとして、直ちに工事の続行を禁止するよう長崎地裁佐世保支部に地権者や支援者ら505名が仮処分を申し立てましたが、同年12月20日、権利侵害の緊急性は無いとして却下となりました。

そこで、今度は緊急性を問われない工事差止の本訴を起こそうと呼びかけたところ、仮処分を上回る賛同者が集まり、2017年3月6日、608名の原告が長崎地裁佐世保支部に提訴しました。

第1回口頭弁論は2017年7月10日で、これまで11回の審理を重ねています。2019年7月17日は、いよいよ証人尋問です。

裁判の進捗

12/19石木ダム事業認定取消訴訟控訴審第1回口頭弁論のお知らせ

みなさん、大切なお知らせです! とうとう明日に迫りました!   12月19日に福岡高裁で開かれる事業認定取消訴訟の控訴審の第1回口頭弁論のご案内です。   地元からも大型バスをチャターして50人規模で駆けつけます! 福岡 … "12/19石木ダム事業認定取消訴訟控訴審第1回口頭弁論のお知らせ" の続きを読む

工事差し止め訴訟、第7回口頭弁論

今回も定員を超す傍聴者が来所し、傍聴券の抽選配布が行われました。 この日の争点は、原告側が提示した立証計画についてです。 原告側は、2名の証人尋問(利水については佐世保市水道局長の谷本薫治氏、治水については水源開発問題全 … "工事差し止め訴訟、第7回口頭弁論" の続きを読む

7.18東京行動レポ

事業認定取消訴訟判決直後の要請行動(長崎県・佐世保市・九地整へ)に続き、原告団と弁護団は7月18日、本省にまで出かけ、担当者に直接訴えました。その後、院内集会も開かれました。この日の一連の行動について、報告します。 主催 … "7.18東京行動レポ" の続きを読む

長崎地裁、不当判決!認定取消請求を棄却

2018年7月9日、長崎地方裁判所(武田瑞佳裁判長)は、石木ダム事業認定取消訴訟の判決を言い渡しました。 主文   1 原告目録の番号2ないし5,7,8,10,13,14,16、     18,20,22,26,27,2 … "長崎地裁、不当判決!認定取消請求を棄却" の続きを読む

必聴です!講演会「どうなる石木ダム訴訟 どうする石木ダム」

梅雨真っ盛りの今日この頃。今週末も天気予報は「曇り時々雨」だとか。 せっかくの休日だけどアウトドアは楽しめないし、お洗濯もできないし・・・ こんなときこそ、普段なかなか聴けないお話をじっくり聴いてみませんか~ こちらです … "必聴です!講演会「どうなる石木ダム訴訟 どうする石木ダム」" の続きを読む