石木ダム問題をめぐる動きについて、新聞やテレビなどさまざまなメディアの報道を記録としてまとめていきます。

仕事始め

昨日は官公庁の仕事始め。 それぞれのトップが抱負や訓示を述べたようですが・・・   県庁では、中村知事が、石木ダムに関して、以下のように語りました。   具体的に進展させなければならない年になる。(反対派の)地権者の理解を得るのが   大切であり、全身全霊を傾け取り組みたい(長崎新聞)   佐世保市でも、朝長市長が大いにアピールしていたようです。   地権者の根強い反対で工事が中断している石木ダムについて「正念場の状況」と、   改めて建設に意欲を示しました。(KTN) &n続きを読む

公開質問書と請願について記者会見

10月30日、午前11時、石木ダム建設に反対する市民団体(佐世保市・長崎市・川棚町)のメンバー12名が、県政記者室にて記者会見をおこないました。 知事への公開質問書の回答と、国土交通大臣等に送った請願書について説明するためでした。 すでに、公開質問書や請願書はFAXで送っていましたが、読売新聞さん以外はなかなか報道されていませんでした。 しかし、この日はたくさんの記者の皆さんが参加、真剣に耳を傾けてくださっていました。 その日の夕方、KTN(テレビ長崎)や、NIB(長崎国際テレビ)が夕方のニュー続きを読む

やればできる脱ダム

今夜の報道ステーションは、滋賀県の嘉田由紀子知事にフォーカスし、 まさに「コンクリートから人へ」を実現する、見事な脱ダム政策を紹介してくれました。   嘉田知事は北川第一ダム、芹谷ダム、国営の大戸川ダムの3つのダムを凍結しました。 民主党が掲げたキャッチフレーズ「コンクリートから人へ」の象徴だった八ッ場ダムは、 政権交代当初、中止を明言していたのに、2年後にはあっさり継続と変更   4600億円の税金が投入されます。 滋賀県にも国営の大戸川ダムの計画があったけれど、嘉田知事が3年前に凍続きを読む

8月27日朝日新聞社説 〜節水で過剰投資を防げ〜

今日の社説を貼り付けます。 水道事業—節水で過剰投資を防げ  家庭などの節電が効果をあげている。7月は全国で前年から12%余り販売電力量が減った。原発事故を起こした東京電力管内では、やはり節電を呼びかけた昨年より14%も … "8月27日朝日新聞社説 〜節水で過剰投資を防げ〜" の続きを読む

県や市への理解は深まらなかったけれど・・・

「地域の方々の理解が得られるよう努力することを希望する」に込められた意味。 事業認定手続きを進めることの意味。 県市と私たちの考えは今回も平行線で、理解は全く深まらなかったけれど・・・ 報道の皆さんには、何かが伝わったような気がします。   国からの通知があったとき、ほとんどのマスコミは「事業継続」にだけ注目が集まっていました。 が、昨日の私たちの県市への要請行動を伝えたTVニュースや新聞記事を見ると、 付帯意見の意味がしっかり報道されています。   報道センターNBC: &続きを読む

佐世保市 石木ダム促進要望

佐世保市長は15日県庁を訪れ、石木ダムの早期建設促進を要望しました。     どちらが知事でどちらが市長か?他県の方は一瞬勘違いされるかも・・・ もちろん話を聞いていけば、すぐおわかりでしょうが。   そう。最後まで聞いて下さいね。 佐世保市長は「石木ダムは必要不可欠」な事業と言っていますが、 でも、『科学者の会』は、「石木ダムの必要性は皆無」と言っている・・・ そのことが最後の方できちんと報道されました。   政治家の言うことと科学者の言うことは、なぜこ続きを読む