石木ダム問題をめぐる動きについて、新聞やテレビなどさまざまなメディアの報道を記録としてまとめていきます。

実施決定!利水についての再評価

佐世保市がようやく、石木ダム事業の再評価実施を決めました。 12月4日、佐世保市議会石木ダム建設促進特別委員会での説明を傍聴しましたが、ただ、やると決めただけで、具体的な内容やタイムスケジュールは何も決まっていないとのこ … "実施決定!利水についての再評価" の続きを読む

再評価する方向で始動!

今日の長崎新聞です。 ようやく昨日、県から佐世保市へ、工期の3年延長を正式決定したとの連絡が入ったそうです。 それを受け佐世保市水道局は、局内で調整に入ったとのことで、 具体的には、 ●本年度内に再評価を始める(とみられ … "再評価する方向で始動!" の続きを読む

県、石木ダム完成3年延期、決定

NHK 長崎 NEWS WEB 石木ダム完成 県が3年延期決定 11月27日 17時11分 川棚町に建設が進められている石木ダムについて、長崎県は県から諮問を受けた「県公共事業評価監視委員会」の意見書を踏まえ、ダムの完成時期を3年延期し、令和7年度に見直す方針を正式に決定しました。 長崎県と佐世保市が川棚町で建設を進めている石木ダムをめぐっては、建設に反対する住民らによる座り込みの影響などで、ダムに水没する県道の付け替え工事に遅れが出ています。 このため、県続きを読む

公平公正な再評価委員会を!

昨日、佐世保市民6人で、水道局へ要望書を提出してきました。提出したのは、「石木川まもり隊」と「佐世保の水と石木ダムを考える市民の会」の2団体です。 長崎新聞は写真入りで大きく伝えていました。 読売新聞や西日本新聞も記事を … "公平公正な再評価委員会を!" の続きを読む

「追い風」発言は、議論や理解が深まるという趣旨?

県内の6団体による抗議を受け、11月5日、浦瀬俊郎県河川課長は、追い風発言を撤回しました。 20191105浦瀬発言抗議文 浦瀬課長は、午後の記者会見で、「県内外で災害が発生し、防災や治水に関心が寄せられていることから、 … "「追い風」発言は、議論や理解が深まるという趣旨?" の続きを読む

災害は追い風!?

「災害は我々にとって追い風である」というとんでもない発言をしたのは、長崎県土木部河川課の浦瀬課長。 洪水対策に心血を注ぐべき立場の方が、豪雨災害で家族や家を失い、未だに失意のどん底にいる被災者のことなど頭の片隅にもない……石木ダムさえできればそれでいい、という本音が透けて見えました。 「災害は我々に追い風」 石木ダム意見交換会で県課長 /長崎 https://mainichi.jp/articles/20191102/ddl/k42/010/274000c  毎日新聞 2019.11.続きを読む