公共事業を糾す院内集会


10日ほど前になりますが、公共事業改革市民会議による院内集会が久しぶりに開催され、多くの関係者が集いました。

石木ダムからは現地の厳しい状況のため上京は見合わせ、オンライン参加となりました。3時間超に及ぶ集会の様子を簡単にまとめてみます。

まず初めは寺西俊一氏(日本環境会議理事長・一橋大学名誉教授)による基調講演で、

公共事業の歴史や、現在の酷い状況、今後どのように改革していけばいいのかなどが語られました。

こちらに資料が掲載されています。
公共事業改革寺西講演PP20230928.pptx – Google スライド

中でも、ひときわ理不尽な公共事業として寺西さんが挙げたのは諫早湾干拓事業辺野古基地建設

諫早湾干拓事業は海の環境破壊、それに伴う漁業被害だけでなく、政官財の結びつきによる利権構造の典型とも言えるものでした。

自民党への献金はここに記載されているものだけでも4億円、総額は7億円に近いものだった!天下り先もしっかり用意されていたのですね~

一方、沖縄では、軟弱地盤の辺野古に無理矢理基地を建設しようとする暴挙が国によって強行され、それに反対する県民や知事の訴えを裁判所は認めず、先月最高裁は上告を却下しました。

なぜこのような理不尽なことがまかり通っているのでしょう?

その1つは、どんなに無駄な公共事業でも、それを客観的に見直す体制が整っていないから。現在の事業評価制度は形ばかりで全く役目を果たしていない。

なんと、2021年度の国交省の事業評価では、合計689件中、中止になったのは1件だけ!

いわゆる「お手盛り評価」。試験問題を作った人が自分で回答し、自分で採点するようなものです。

寺西氏は、「事業評価の方システムや制度を作り直すことが求められている。そのためには公共事業改革基本法という法律を、法律家や国会議員や皆さんと共に作る必要がある。これを公共事業改革の突破口にしたい」と熱く語り、「そして、21世紀の後半にはまともな公共事業に私達の税金が使われる、当たり前の時代を取り戻す。ソーシャル・コモンの復権を目指そう」と結ばれました。
(21世紀後半?そんなに先の話では困るのですが・・・)

続いて、各地からの報告です。

トップバッターは石木ダム。与えられた10分以内におさまるよう、石木川まもり隊のIさんが編集した動画をご覧ください。


続いて、川辺川ダム、東京外環道、横浜環状道路(圏央道)、中部横断自動車道、リニア新幹線、スーパー堤防、諫早湾干拓、の7つの事業の現地から報告。

国会議員からは、穂福島瑞穂参議院議員、山崎誠衆議院議員、そして嘉田由紀子参議院議員は滋賀県からオンラインで参加。

嘉田議員:日本は三権分立していません。
政権与党方針に従う裁判官が9割5分。司法が行政の下にある。だから沖縄の裁判でも石木の裁判でも、司法のメスが入らない。

全国の裁判官3500人ほどの人事は全て最高裁の事務総局が押さえていて、しかも、最高裁の判事が、法務省とか国交省とかの法令官僚になっている。いわゆる判検交流。各省庁に100数十人。司法の独立性、三権分立を取り戻すために、判検交流やめるということを、私はこれから国会で大きな声で言っていこうと思っている。

そして、やっぱり政権交代しないと今の公共事業は止まらない。いろいろ批判はあるが、民主党政権になってコンクリートから人へということで、スーパー堤防も止まり、川辺川ダムも一旦止まり、そして荒瀬ダムの撤去には国がお金を出してくれた。自治体も国も選挙で政権交代する。それをしないと、公共事業問題の出口は見えない。選挙こそ民主主義の原点。1票1票の力で、仕組みを変える政治家を生み出していただきたい。

最後に、私が今一番心配なのは石木ダムのこと。日々追い詰められている石木の皆さんの健康状態と、それから精神の状態、本当に心配なので、支援者の皆さん現場からのサポートをよろしくお願いいたします。

私たちにとっては大変ありがたいメッセージをいただきました。臨時国会が始まったら、公共事業チェック議員の会の立て直しも始まるようです。私たちは大いに期待しています。国民と議員が力を合わせなければ、行政や司法の巨大な壁はビクともしませんから。

集会全体の録画ビデオはこちらです。

ほんとうの豊かさとは何か

もうすぐです!

もうすぐ、斉藤幸平さんが佐世保にやってきます。そして「分岐点 佐世保の未来~ほんとうの豊かさとは何か」というテーマで講演されます。

『人新世の資本論』という素晴らしい著書を生み出した斉藤さん。気候危機を前にして、やっと見えてきた道標。水や電力、医療や教育などを公共財として民主的に管理するコモンという考えについて、じっくりお聴きしたいですね。

また、水ジャーナリストの橋本淳司さんには「40年後の水と未来」というテーマで語っていただきます。こちらも新しい情報盛りだくさんで、とても楽しみです。

私たちは、どんな佐世保の未来を創りたいのか・・一緒に考えてみませんか?

参加ご希望の方は、こちらまでお申し込みを。インターネットをやっていない方は、電話でも受け付けます。
(090-6171-5810)

さあ、佐世保で斉藤さんのお話が聴けるなんて、後にも先にも最後かもしれませんよ。ぜひお聴き逃し無きように!

石木ダムについて県議選候補者に聞きました

今日、長崎県議会議員選挙が告示され、9日間の選挙戦がスタートしました。

定員46人に対し、16の選挙区から66人が立候補しました。

皆さんは既に誰に投票するか決めていますか?

深刻な人口減少対策や子育て支援など多くの候補者が熱く語っていますが、なかなか聞こえてこない石木ダム問題。いったい候補者はどう考えているのでしょう?

そこで、私たち7団体は前回同様に石木ダムに関するアンケート調査を実施しました。

その結果をこれから公表いたします。ぜひ参考にしていただければ有り難いです。

 

①アンケート項目 立候補予定者へのアンケート用紙

②回答結果の集計一覧表 アンケート結果一覧表

③設問ごとの回答結果 アンケート結果 設問ごと

 

特に③をみれば、石木ダムに対する各人の考え方が分かるだけでなく、県政全体に対する思いも垣間見えてくるようです。

例えば、こちら。石木ダム事業の見直しが必要か不要かの判断ですが、

それは、石木ダムについての県民の思い(ダム計画について行政の説明が不十分)を知っているかどうかの答えと、かなり符合しています。

つまり、県民の思いを知っている候補者の多くが、見直しが必要だと答え、知らない候補者の多くが、見直しは不要と答えています。

また、 住民を実力で排除する行政代執行についての見解を記述していただいたのですが、これについては、全く同じ文章が2つあって、びっくり!でした。WHY?

最後に、こちらの設問に答えるだけでなく、自由記述をお願いしたところ、7人の方がびっしりと書いてくださいました。



立候補前のお忙しい中、ご回答いただいた皆様には深く感謝しています。

一方、60名に送付しましたが、44名の方がご回答いただけませんでした。実に73%もの方が無回答。

県民の問いかけに応えようとしない候補者の皆さんは誰のための政治をするおつもりなのでしょうか?

とても残念です。

 

ご回答いただいた方が善戦されることを期待します。

 

 

ほたるの里のマツばあちゃん



松本マツさん、団結小屋のおばあちゃんのドキュメントが12月2日に放送されます!

九州沖縄のみなさん、ぜひご覧ください。

ザ・ライフ「ほたるの里のマツばあちゃん~長崎・石木ダム建設計画から60年~」

https://www.nhk.jp/p/ts/9RZY9ZG1Q1/episode/te/JY6PXYLGXR/

長崎県川棚町で建設が計画される石木ダム。
予定地の川原(こうばる)地区には反対する13世帯約50人が暮らし、
立ち退きを迫られている。計画から60年。揺れ続けてきた地域の記録。

(放 送)12月 2日(金)19:30~19:55〔総合・九州沖縄〕*沖縄は別
(再放送)12月 3日(土) 7:35~ 8:00〔総合・九州沖縄〕

 ※放送後2週間、NHKプラスでネット配信(全国で視聴可) 

ほたるの里のミュージアム

テレビのドキュメンタリー番組の情報が解禁されました!

厚かましくも、長崎県石木ダム建設予定地こうばる地区に住むいしまるほずみをメインに、30分のドキュメンタリー番組が作られました。

長崎県内の皆さん、どうぞご覧ください、または録画をよろしくお願いします。

ドキュメント九州 ほたるの里のミュージアム
~強制測量から40年~



フジテレビ系列のテレビ長崎で石木川ミュージアムのドキュメンタリー番組が放送されます。

長崎県内は11/14の15:15から30分番組です。

九州各県でも放送されます。
(日付と時間帯は各放送局で違います)

ドキュメント九州 ほたるの里のミュージアム ~強制測量から40年~(ドキュメンタリー/教養) | WEBザテレビジョン(5410-528)
https://thetv.jp/program/0000815410/528/

KTS 鹿児島テレビ 11月13日(日) 深夜2:25 https://www.kts-tv.co.jp/timetable/?p=758676&s=0xE818&e=49982&ed=20221107
SAGATV サガテレビ 11月14日(月) 深夜0:30 https://www.sagatv.co.jp/program/10003815
KTN テレビ長崎 11月14日(月) 昼3:15 https://www.ktn.co.jp/pickup/20221114.html
TNC テレビ西日本 11月15日(火) 深夜0:30 https://www.tnc.co.jp/program/detail/221115dq/20221115
TKU テレビ熊本 11月15日(火) 深夜1:50 https://www.tku.co.jp/weeklytimetable/
UMK テレビ宮崎 11月15日(火) 深夜1:54 https://www.umk.co.jp/programtable/?p=-1&s=0xEC18&e=4097&ed=20221109


長崎県以外は、深夜の時間帯の放送となっています。
九州圏内にお住いの方は、よかったら録画してご覧いただけますと幸いです。

クリックすると番宣をご覧いただけます。

ドキュメント九州 ほたるの里のミュージアム ~強制測量から40年~

ドキュメント九州





現在、こうばるショップでは来年の石木川カレンダーを販売中です。

売り上げは支援になります。

どうか、ご支援よろしくお願いします。

こうばるショップ


こうばるほずみ

長崎県以外は、深夜の時間帯の放送となっています。
九州圏内にお住いの方は、よかったら録画してご覧いただけますと幸いです。

クリックすると番宣をご覧いただけます。

ドキュメント九州 ほたるの里のミュージアム ~強制測量から40年~

ドキュメント九州





現在、こうばるショップテレビ西日本(福岡)11/15(火) 24:30 〜
佐賀サガテレビ11/14(月) 24:25-24:55
テレビ熊本11/15(火) 25:45-26:15
テレビ大分11/18(金) 26:10-26:40
テレビ宮崎11/15(火) 25:54-26:24
鹿児島テレビ放送11/14(月)02:25〜02:55
沖縄テレビ放送11/18(金) 25:55-26:25では来年の石木川カレンダーを販売中です。

売り上げは支援になります。

どうか、ご支援よろしくお願いします。

こうばるショップ


こうばるほずみ

石木川のすごさを知らせたい!

みなさん、ご無沙汰しております。

長崎県石木ダム水没予定地住民でイラストレーターのこうばるほずみです。

先日、10/29(土)にすっごい面白いイベントやりまして。

その名は、

ヨナタン出張ストア



大盛況だったので、その時のことを綴った北海道・ヨナタンストアの奥田容子さんのブログをご紹介したくて久しぶりに登場しました。

石木ミュージアムに行ってきました

とにかくリンクをクリック、クリック!

みなさん、一度読んでみてください。

とってもいいブログだから。

私がごちゃごちゃ言うより、他の人がバシッと言ってくれた方がええねん。



来年のカレンダー、石木川カレンダー2023販売中です!

買っていただきますと、ものすごい支援になります。

こうばるショップ


Thank you for your support!
みなさんのご支援に感謝します!


こうばるほずみ

石木川まもり隊Twitterでの不適切な発信・表現についての謝罪

先月のことになりますが、

石木川まもり隊の公式アカウントから、

思い込みと誤解に基づく不適切かつ礼儀を逸したTweetを行ったことをお詫びします。

特にGOTO様をはじめ、

followerの皆様には不快な思いを、

また石木川まもり隊を応援して頂いている皆様にもご心配をおかけしました。

大変申し訳ございません。

今後は二度とこのようなことがおきないよう、

公式Twitterとしてのマナーに沿った発信をするよう努めます。

また、思い込みや誤解に基づく情報発信がないようにも努めます。

さらに、TweetやRetweetのなかで感情的な言葉で場を荒らすことがないように努めます。

こうしたことをさらに今後の運営の中で深めてまいります。

石木川まもり隊という公式アカウントでありながら、

担当者1人に任せっ放しでいたことが大きな要因だと考えています。

今後は石木川まもり隊Twitterチームが運営を行ってまいります。

今後とも温かく見守っていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。


石木川まもり隊・Twitter運営チーム

宇久島の皆さんのことに思いをいたしてほしい

2月17日、投票日の3日前、宮沢さんは宇久島にいました。

なぜ、宇久島に渡ったのか?

宇久の皆さんの声に耳を傾けるためです。

メガソーラー問題は私たち皆が考えなければならないのに、つい忘れてしまっていました。同じ佐世保市民なのに、行政からも見て見ぬふりをされているようです。

住民の方からの小さな声をキャッチした以上、放ってはおけない!と小雪の降る中、宮沢さんは海を渡ったのです。

以下は、「ワクワク長崎 宮沢よしひこ」のFBに記載されていたものです。



全文はこちらをご覧ください。

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=117166067551474&id=100077742420837&m_entstream_source=timeline

小値賀島宇久島へ向かう理由

こんにちは。

長崎県石木ダム水没予定地住民でイラストレーターのこうばるほずみです。

私たちが応援している長崎県知事選候補の宮沢よしひこさんが2/17facebookで以下のような投稿をしておられましたので石木川まもり隊ブログでシェアさせていただきます。

なぜ、選挙戦の終盤に離島の中でもちっちゃな島、

小値賀島と宇久島へ宮沢さんは向かうのか。

その理由が書かれています。

とてもいい投稿だと思いました。

皆さんに共有したいなと思いました。

こんな人を長崎県のトップに据えられたらいいですね。

(以下、宮沢さんの投稿を添付)





昨日は小値賀島を訪問し島民のみなさんに宮沢よしひこの訴えをさせていただきました。

寒風吹きすさぶ中でしたが、
なぜ選挙戦終盤に小値賀島に来たのかお話しいたしました。

NIBさんのテレビ取材が入り、小値賀町長とも会談できました。

小値賀町は平成の大合併にも合併を拒否し、自主独立の道を歩みました。

あれこれと工夫して知恵を使ってきました。

農業も水不足、赤土という一見ハンデに思われることを逆転の発想でプラスに変えてきました(永田農研の永田照喜治氏と協力してきました)。

合併を迫る政治家のいじめ同様の圧力もありました(補助金を打ち切るなど、辺野古同様の脅しですね)

そういうさまざまな困難と闘いながらも、
結果としてリゾートアイランドとして確固たる地位を築きました。

町長によると、島民の政治への意識がとっても高まったのだそうです。



自由にモノが言え、自発的に考えて行動することこそ重要です。


いっぽうで今日これから向かう宇久島は佐世保市に合併した結果、
日本最大級、島の1/4がメガソーラーで覆われてしまうことになってしまいました。

くらしに不安を覚える島民有志が、その問題を佐世保市や長崎県に訴えても誰も聞いてくれない事態になっています。

佐世保市に吸収された結果、
いつのまにか不安なくらしを引き入れてしまったというわけです。

上が決めたことを下がただ従う、議論をしない、それでは立ちいかなくなるんだ、
だから住民の声が通じる県政が必要なのだということの見本として、
県民に訴えていきます。

見捨てられた宇久島の問題は第2の石木ダム問題といってもいいくらいのことです。

小さな声を切り捨てられたら、次は自分の番だということを県民に訴えていきたい、
それが今回の訪問の最大の目的です。

みなさん、街宣でもSNSでも、この選挙戦最終盤の大切な時期に二日も使って宇久島、小値賀島に行く意味は、そこにあるということを、多くに人に一緒に訴えてください。

単なる離島への選挙運動というだけではなく、「誰一人取り残されないワクワクを」という理念からということです。

では行ってまいります。

今日もよろしくお願いいたします。




宮沢よしひこ

飛行船産業

2022年2月、長崎県知事選挙に立候補している宮沢よしひこさん。

お忙しい中、本日2月8日フェイスブックに長文の投稿がありました。

ぜひ、多くの方に読んでほしいと思い、石木川まもり隊ブログに転載します。





私の政策の中で、もっとも本当にできるのかと思われているのが、飛行船産業による地域興しです。

石木ダムを止めるんだ!と言っている候補がなぜ飛行船?と疑問に思う方も少なくないと思います。

私が長崎県の新産業として飛行船産業を提案するのは、まさに石木ダム計画をやめるためです。

誰もが認める通り、長崎県の最重要課題は人口流出対策です。

ではその解決策はなんなのか。具体的な策は様々です。

私がもっとも重要だと思っていることが、収入の安定も含めた地域社会の安全・安心そして住民が地域に誇りを持てることです。

その期待に多面的な効果で応えるこれからの産業が、飛行船産業だと考えています。

つまり、県民の課題に応え、さらにその先の夢に期待できる政策を提案できることこそ重要で、石木ダムを止めることなど小さいことなのだと気づいてもらうことなのです。

<観光事業、災害対策と広告・広報事業を兼ねて、飛行船を導入する>

ほんものの飛行船、見かけた方もいらっしゃるでしょう。

年配の方ならキドカラー号、最近では保険会社のメットライフアリコが身近で広告飛行をしていました。

2005年の愛知万博に際し、ドイツのツェッペリン社からツェッペリンNTという14人乗りの飛行船が輸入されて、万博後は日本全国で広告飛行や遊覧飛行を行っておりました。

首都圏では、埼玉県桶川市のホンダのエアポートから飛び立ち、都庁の上を飛び、六本木ヒルズの上をめぐり、お台場上空を回って帰ってくる30分のコースを行っていました。

関西では大阪湾から飛び立ち、京都や奈良の上空を回り帰ってくるコースです。

春には吉野の桜を上空から眺める3時間コースもありました。

本家のドイツでは、ボーデン湖のほとりにツェッペリン社の飛行船基地があり、遊覧飛行を行っています。

https://zeppelin-nt.de/en/homepage.html

40分の遊覧飛行で5万円ほどがスタンダードのコースですが、予約が何か月待ちとなる大人気の観光です。

もし長崎で飛行船による遊覧観光を行ったらたくさんの見所があります。

九十九島の絶景やハウステンボスを上空から眺めたり、五島や壱岐・対馬へ飛行船で飛び、黒潮洗うダイナミックな海岸線をゆっくりと眺めることができます。

低空で静かに飛び、窓を開けることもできますから潮風と潮騒を感じながらの体感飛行です。

飛行船は飛行場が必要がありませんので離島間の人や物資の輸送に使うこともできます。

ツェッペリンNT号も、巡航速度で120㎞くらい出ますから朝8時に長崎を飛び立てば夕方6時には晴海のオリンピック跡地に降りることなどができます。

また飛行船は災害救助にも力を発揮します。

東日本大震災の際、津波で沿岸地帯はがれきの山でした。

ヘリコプターが救出に当たりましたが、ヘリコプターは下部への風圧が強く、がれきを巻き上げケガをする可能性があります。

またバリバリバリというローターの音が、助けを呼ぶ被災者の声をかき消してしまします。

飛行船なら下部への風圧もありませんし音も静かです。

振動もないので簡単なオペぐらいなら飛行船上でできてしまうでしょう。

水害で地域が水浸しになってボートでしか救助できないというときも飛行船で救助や物資の輸送が可能です。

飛行船なら長時間滞空し、連続した救護活動、情報収集活動ができます。

災害が多発する昨今、新しい救護・災害支援ツールとして必ず役に立つでしょう。

まだ日本に飛行船を飛ばすノウハウが残っているうちに、長崎県が政府の支援や災害危機に直面する自治体と連携して飛行船事業を復活させるのです。

ツェッペリンNT号を輸入したとき、飛行船1機の値段は、操作員の訓練費を含めて10億円ほどでした。

現在ならもっと安く製造でき、民間で運行できる事業です。

自衛隊戦車1両の値段とほとんど変わりません。

また自衛隊の大型救難ヘリは30億円ほどといわれています(公表されていません)。

VIPの人たちが使うプライベートジェットは平均数十億円ですから、飛行船はそれほど高い買い物ではありません。

第一次大戦後に世界一周を行っていたツェッペリン社の豪華な大型飛行船を、もし今開発したら1000億円くらい開発費がかかるといわれます。

三菱重工のリージョナルジェットの開発費が当初3000億円ほど、その後一兆円に膨れ上がっていましたが、それなら飛行船開発のほうが安上がりです。

日本ではテイジンや東レなどの薄膜技術、姿勢制御の技術があります。

飛行船は潜水艦のように気流に合わせてトリムを取るため、日本の造船技術の蓄積がそのまま役に立ちます。

長崎県の造船業は構造転換が迫られていますが、飛行船の製造や定期メンテナンス事業を行えば、製造業のノ
ウハウやドックを活かすことができます。

災害救助用として日本全国の自治体や世界各地に販売していくことができます。

飛行船といえば、若い人たちにとっては本物よりアニメの世界でたくさん見ていると思います。

宮崎駿さんの作品にもよく登場します。

天空の城ラピュタなどで覚えている方も多いと思いますが、古くは「母を訪ねて三千里」でマルコがアルゼンチンへ渡る費用をつくるために飛行船見物の見物客に友だちとアイスクリームを売るというシーンがありました。

そんなアニメの世界を現実化して長崎の空に飛ばせば、日本中から世界中から夢のある乗り物に乗ってみたい人たちが集まると思います。

そんなワクワクする長崎、どうぞ想像してみてください。


長崎県知事選挙立候補者

宮沢よしひこ