石木ダム問題の今石木川まもり隊ブログ

佐々川の水量「現時点では判断できない」

12月5日、県議会一般質問。1人の議員の質問によって、私たちが知りたかったことが明らかになりました。 それは、ひょっとすると、佐世保市民にとって石木ダムの代替案に繋がるかもしれない可能性を秘めた重要な事実です。 堀江議員 … "佐々川の水量「現時点では判断できない」" の続きを読む

石木ダム不要、市民から知事へ 初めての直訴

11月24日、ついに知事との面談が実現しました。 石木ダムの早期完成を公約に掲げて当選した知事が、石木ダムに反対の佐世保市民との面談に応じることになったのです。どうせパフォーマンスでしょ?反対派の声も聞きましたというアリ … "石木ダム不要、市民から知事へ 初めての直訴" の続きを読む

佐世保市民による大石知事との面談要請 3度目の正直なるか

9月22日、私たち4団体(石木川まもり隊、水問題を考える市民の会、佐世保の水と石木ダムを考える市民の会、#ダムより花を)は、大石知事に面談を求める要請書を提出しました。7月28日、8月23日に続く3回目の要請です。 すっ … "佐世保市民による大石知事との面談要請 3度目の正直なるか" の続きを読む

(取材考記)外れた需要予測

(取材考記)外れた需要予測 利水ダム、治水活用柔軟に  (朝日新聞2022年9月15日 16時30分) https://digital.asahi.com/articles/DA3S15417453.html?pn=2&unlock=1#continuehere 放流する温井(ぬくい)ダム。2002年の運用開始後、事業に参加した広島市は一度も水を使っていない=01年、広島県安芸太田町  水道水などに使う利水目的のダム開発をめぐり、国の事業に自治体が参加したものの、一度も続きを読む

知事と住民 石木ダムの必要性について2回目の話し合い

9月7日、大石知事と川原住民による2回目の話し合いが行われました。その記事やニュースをお伝えします。   石木ダム 必要性で平行線 大石知事4度目の面会 住民側、利水の議論提案 (長崎新聞2022/09/08) … "知事と住民 石木ダムの必要性について2回目の話し合い" の続きを読む

佐世保市民から大石知事へ再要請

8月23日、私たちは再び大石知事へ石木ダムについて佐世保市民の声を聴いてほしい、面談の機会をいただきたい旨の要請書を提出しました。 私たちというのは、「水問題を考える市民の会」「佐世保の水と石木ダムを考える市民の会」「# … "佐世保市民から大石知事へ再要請" の続きを読む

11水道事業者、ダム取水せず

11水道事業者、ダム取水せず 人口減や節水進み、需要予測外れる 維持費、年2億円近く (朝日新聞2022年8月16日 5時00分)https://digital.asahi.com/articles/DA3S15388734.html?pn=3&unlock=1#continuehere 建設当時の温井ダム=1999年10月、広島県安芸太田町  水道用水を確保するために国のダム事業に参加している全国71の水道事業者のうち、広島市など11事業者が完成後に一度も取水していな続きを読む

もっと見る

あなたにできることどこにいても、できることがきっとあります