佐世保のフェアトレードのお店「つながる雑貨屋 てとて舎」

みなさん、こんにちは。

石木ダム水没予定地住民のいしまるほずみです。

今回は、地元長崎県内(佐世保市)で石木川グッズを置いてくださっているフェアトレードのお店「つながる雑貨屋 てとて舎」を紹介します😌



こちらが、佐世保市の中心部にお店を構える「てとて舎」です。

「フェアトレード」という言葉をご存知でしょうか?

フェアトレード(Fair Trade : 公平貿易)とは、発展途上国で作られた作物や製品を適正な価格で継続的に取引することによって、生産者の持続的な生活向上を支える仕組みです。

てとて舎でも様々な地域て作られた洋服や雑貨などのフェアトレード商品を取扱っています。

チョコレートやクッキーなどのお菓子も置いてありますよ。

佐世保のお隣、西海市の方が作られているクッキーは、私も毎回買って帰ります!😆

特にフェアトレードのチョコレートは、これからが旬の季節です。(寒い今からの季節しか生産されないみたいです)

私も毎年たくさん買います!😆

そんな地元佐世保市のフェアトレードのお店に、先日「石木川グッズ」を納品に行ってまいりました。



ホラ、ご覧ください、こちらが石木川ブースです!

普段の石木川ブースはこんな感じです。

おなじみの冊子「ダムのツボ」(200円)やポストカード(100円)、ステッカー各種、缶バッチ、レモングラスティー(100円)、数珠玉アクセサリー、アクリルたわし(150円)…いろいろと置かせてもらっています。

売り上げは、石木川を守る活動費に充てられます。



そこに今回は、フェアトレードチョコと同じく今が旬の「こうばる支援米」を新たに納品です!

ネットショップでは大きいサイズを取り扱っていますが、さすがに店頭に30キロは置けませんなぁ……😑

去年までは、2キロと3キロの二つのサイズを置かせてもらっていましたが、どちらがどれくらい売れるのか??イマイチ読めないし納品の調整もめんどくさい…ので、今年からはバッサリ変更!

基本的に2キロと3キロの販売をやめて、1キロ用の袋に1.5キロのお米を入れた「お試しサイズ」に統一してみることにしました〜

このサイズは、お持ち帰りしやすいサイズで「なかなかいいんじゃないか!?」と自画自賛のほーちゃんです。

気になるお値段は、玄米750円、白米800円です。

お値段1,000円切ってる!😳

「ちょっと支援してやろうかな〜」という軽い気分で買えちゃいますよ!

とりあえず、今回は様子見で玄米と白米、それぞれ4個ずつ置いてもらっています。

売り上げは石木川を守るために活動している支援団体に寄付されます。



さて、こちらは、この日いただいた石木川グッズの売り上げです。

いつの間にやら8,400円も!😳売ってくださっていたのです。

てとて舎のみなさん、それにお買い上げ下さったみなさん、本当にありがとうございます!

大事に使わせていただきます。

皆さんも是非、これを機会にフェアトレードに興味を持ってくださいね。

佐世保四カ町アーケードにお寄りの際は、すぐ近くにてとて舎はありますので、ふらっと遊びに来てください!

いろんな話が聞けますよ。😄

つながる雑貨屋 てとて舎

長崎県 佐世保市下京町9-20

電話 0956-76-8266



余談ですが、佐世保市には米軍基地があり、外国の方もよくてとて舎に立ち寄られるそうです。

それで、なぜか外国の方に石木川グッズのポストカードが人気だそうです😳

おそらく、「日本のお土産」という意味合いで買っていかれるのかな?と…なんとなく日本らしいイラストなのかな?という話になっています。

そいういうことで、やっぱり石木川のふるさとは日本らしい昔ながらのいいところなんですよ!きっと!

うん、やっぱりダムなんか造らないで、そのまま残しておきましょう。

将来、外国から「日本らしさ」を求めて観光客がやってくる不思議な地域に発展??しちゃうかもしれませんよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です