ピースボートと写真展

今朝の長崎新聞には、石木ダムに関する2つの記事が掲載されていました。

1つはこちら。

長崎に寄港したピースボートの記事。

メインの平和イベントに関する記事に続いて、

30人が川原を訪れ住民と交流したことも、別枠できちんと伝えてもらえました。

ここで紹介されている環境財団のチェ・ヨル代表はダム問題に詳しい方で、

こんな話をなさっていました。

私は中学高校時代に大きな川の流域に住んでいた。

その川には3つの大きなダムができ、知り合いの家が次々になくなっていった。

1990年代に国はまたダムを造ろうとしたので、私たちは立ち上がった。

反対運動は大きくなっていった。

そして、2000年に金大中大統領が白紙撤回した。

石木ダムは必要性も無く経済的価値も無い。

必ず止めなければ!

私は韓国の国民と共に皆さんを応援します!

 

そして、もう1つは5日から長崎市で始まった村山さんの写真展の記事。

私も明日見に行く予定です。

今年1月佐世保で展示した写真たちとの再会が楽しみです。

 

いま長崎市はピースウィークで、平和に関するイベントがあちこちの会場でおこなわれています。

そこに参加した帰りにでも、よかったら、コクラヤギャラリーにお立ち寄りください。

きな臭い現実とかけ離れたほっこりする空間に出会えます。

平和と同じように守りたい大事なものが見えてきます。

平和だからこそ守れるものでもあります。

 

平和も環境も失ってからでは遅い。

村山さんの写真たちが、きっと気づかせてくれるでしょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です