無駄のない暮らしこそ正しい選択

明日は通行妨害禁止仮処分の審尋の日。

私たちの仲間が19人訴えられている裁判です。

石木ダム計画にはおかしなところがたくさんある。

ちょっと立ち止まって見直しましょう。

そのためには、工事を中断して議論しましょう。

そう主張しているだけなのに、その声には耳を塞ぎ、

県は県民を司法の場に訴えたのです・・・。

 

私たちの主張はそんなに無視すべきものでしょうか?

私たちと同じようなことを語っている著名人がいます。

二週間ほど前の東京新聞ですが、少し大きくして、内容を読んでみましょう。

 

いとうせいこうさんは、こうおっしゃっています。

 

今ある資源を有効に使おう。

無駄のない暮らしこそ正しい選択である。

この問題を知らずにいたことに罪悪感を覚えた。

今からやれることをやりたい。

意見がどうであれ、考えてもらうことが大事。

豊かな自然は失ったら取り戻せない。

不条理を前にして、知らないふりをする方がよっぽど名誉が落ちる。

石木ダムには日本各地が抱える課題が象徴的に含まれている。

ダムに多額の税金をかけるのは非合理。

辻井隆行さん「オープンな場でもっと議論すべきだ」

いとうせいこうさん「賛否にかかわらず、まずは問題に目を向け、一緒に考えよう」

 

彼らの発言の一つ一つが私たちにはとても納得できる。

うん、うん、と首を縦に振りたくなる。

でも、行政の皆さんはそうではない。

議会もそうではない。

 

では、長崎地裁佐世保支部の裁判官の皆さんはどうなんだろう?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です