街頭署名活動 関心を示す若者たちも…

いつものアーケード街で強制収用反対の署名活動をおこないました。

昨年9月、知事が収用裁決申請をおこなって以来、6回目の街頭署名活動です。

今日はお天気もよく暖かかったので、署名活動日和?でした!

 

日曜日なので中高生らしい若者もけっこう立ち止まって話をきいてくれました。

私も何人かの若者と話しましたが、ニュースなどを見てよく知っている子と全く知らない子と両極端。

でも、知らない子たちも、

大切な自然が壊されることや自分たちの時代にまで事業費を払い続けねばならないことを知ると、

それは止めてほしいと言い、署名してくれました。

二人連れの男子生徒のケースでは、一人が署名しそうになった時もう一人がつぶやきました。

「俺はせんけんね。一方の話だけ聞いてもわからんけん」

すると、その子も迷ってる様子。

「その通りよね。是非この問題に興味を持っていろんな人と話して考えてね。ちょっと待ってて」

ちょうど切らしていたパンフレットを取りに行って戻ってくると、二人はまだそこに待っていました。

中に書かれていることを簡単に説明し、これらのことについて県や市はどう言ってるか、

石木ダム建設事務所や佐世保市水道局のホームページに出ているから、それを読んで考えてほしい、

そう言って一部ずつパンフを渡すと、二人共笑顔で「わかりました」「考えます」と答えてくれました。

 

道路の端っこで二人が掲げている写真は・・

こちらです。

33年前の強制測量の時の写真。

機動隊を導入して抵抗する住民を排除する様子、

ふる里を守って!と先祖に祈り続ける女性たちの姿などの写真です。

 

今日は2時間で274筆集まりました。

3月23日の提出日まで、まだまだ頑張ります。

署名まだの方、電子署名もやっていますので、是非ご協力ください。

こちらです。  

 

5回目の署名活動

今日、いつものアーケード街で5回目の街頭署名活動をおこないました。

今年最初の署名活動です。

前回よりも活動参加者が少なかったこともあり・・2時間で256筆でした。

今日も寒い中3人の地権者の方が応援に来てくださいました。

そして、マイクを握って、直接佐世保市民に訴えたり、対話したり・・

地元の地権者だとわかると「頑張ってください!」と声をかける人が確実に増えました。

私たちもこれまでよく言われました、頑張ってくださいと。

その時は感激して「ありがとうございます!」と言ってばかりでしたが、

今日は「一緒に頑張りましょう!」と言ってみました。

すると、「そう!絶対造らせんごと頑張らんば!」という言葉が返ってきて、びっくり。

 

話してみると、怒っている人はかなり怒っています。

「これ以上税金の無駄遣いをさせてたまるか!」

「役人は自分の金じゃないから、要らんもんにでもジャブジャブ、使い放題!」

「これから人は減るばっかりなのに、なんで造らんばか!」

「追い出される人の身になって考えることができんとやろか?」

「もう、水は足りとります」

などなど嬉しい言葉がザックザク。

 

もちろん、そんな人ばかりではなく、避けて通ったり無視を決め込む人のほうが多いのですが・・

でも、以前は「石木ダム?」と言って近づいてきて反対署名だとわかると、

「ダムは要るとに、なんば反対しよるとか!」との言葉をあびせられることも多かったのに、

最近は「石木ダム?あ、反対ね、なら署名するよ」という反応が多くて、ほんとに嬉しい!

 

残念なのは、ダム賛成派の人が避けて通るようになったこと。

以前は怒鳴られても、そこから意見交換のチャンスが生まれたのですが、

最近は口にチャック!という感じ。

なぜ賛成なのか訊いても答えてくれない。

足早にスタスタと去っていく。

逃げるように去っていく・・

あるいは睨みつけてゆっくり去っていく。

たぶん自分たちの考えに自信がないから?

そう思われても仕方ないですよねー。

 

石木ダム賛成派の皆さん!

1月18日は是非アルカスSASEBOにいらしてください。

私たちの反対の根拠をしっかり聴いて、後日反論してください。

そして一緒に考えていきましょう。

佐世保の未来のために・・ 

 

今年最後の署名活動

いつものアーケード街で、今年最後の署名活動をおこないました。

クリスマス前の休日とあって、人通りは多く、2時間で、364筆も集まりました。

寒い中、ご協力いただいた21人の皆様、ありがとうございました!

 

今回印象的だったことは、真剣に話を聴き、考えようとしていた人が3人もいたことです。

「・・・の署名にご協力をおねがいします」と声をかけても、ほとんどの人が知らん顔か、避けて通るか…

「ごめんなさい、急いでるので」「あ、もう署名しました」などと言ってくれると、こちらも笑顔になり…

「石木ダム?要りますよ、佐世保は水不足なんだから!」と言う人には資料を見せて説明したりしますが、

「それはあなたたちの考えでしょ?実際に仕事してる水道局の人が足りないと言ってるんだから足りないんじゃないの?」と疑いの目で見られたり、途中で遮られたり、

中には、「へー、そうだったの?それなら要らないね」と納得して署名してくれる人がごくわずか…

それが、これまでのパターンでした。

 

今回は、3人の方から「話を聞かせてください」と言われました。

「石木ダムねー、実は不勉強で何も知らなくて…教えてもらえませんか?」とおっしゃったのは40代ほどの男性。

こちらの話を一通り聞いた後で「じゃあ、どうして県はそれでも造ろうとしてるんですか」と突っ込んできたのは、70代ほどの女性。

自分からは何も言わないけど、興味津々で聞いているのが真剣な眼差しでわかったので「学生さんですか?」と訊くと「はい。やっと少しわかりました。ありがとうございます」と言ってくれた女子大生。

 

男性は、集会には行きたいと言ってチラシを受け取ってくれました。

こどものように「なぜ?」「どうして?」を繰り返していた高齢の女性は、意外にも署名をして「なかなか難しいと思うけど、頑張ってください」と声をかけてくれました。

女子大生にはこちらから「まだ署名はできないと思うから、家に帰って、この資料をじっくり見てくださいね。そして、この集会に来てね。ここでは弁護士の先生がもっとわかりやすく話してくれるから」と言うと、日時を確認して、「この日は行けそうもないけど、友達が行くかもしれないのでもらっていきます」と言ってくれました。

 

私の勝手な想像ですが、昨今のマスコミ報道のおかげかもしれない…

TV・新聞で頻繁に「石木ダム」のことが話題になると、気になるし、知りたいと思う。

「けんみんたより」や「水道だより」や「広報させぼ」を読むと、ダムは造るべきと感じるが、

ほんとのところどうなんだろう???

そんなモヤモヤを抱えている人が、増えているのかもしれないな〜

 

そんな方は、是非こちらへ・・・

 

 

こだま

今日の新聞です。昨日の署名活動について報じたのは朝日新聞のみ。

署名活動も2回目となると、マスコミはあまり関心を示しません。

当然ですよね。

やってることは前回と同じだし、他に面白いイベントや重要なニュースはたくさんあるのですから。

 

しかし、嬉しいことに、今回も署名活動への共感の声をいただきました。

昨日、私たちの呼びかけに応じて署名して下さった若者のお父さんからお電話があり、

「息子から署名活動のことを聞きました。私にも何かお手伝いできないかと思って…」と。

「では、署名用紙を送りますので、署名をお願いできますか?周りの方にも声をかけていただいて、一人でも二人でもいいので署名を集めていただけますか?」

と言うと、「そのつもりでした」と快諾してくださいました。

 

昨日、あの時間にアーケード街のあの場所をたまたま通りかかり、署名に応じて下さった386人との出会い。

それが、386人では終わらなかった。。

その中の一人が家族に話し、家族の一人が、逆に私たちに声をかけてくれた。。

まるで、こだまのようです。

 

私たちの知らないところで、別のこだまも響いているかもしれない。

「今日、街でこんなパンフレット配ってたよ」

「何?どれどれ・・へー、そうなの?知らなかったなぁ。少し考えてみなきゃね」

な〜んて会話が広がってるといいなー 

 

 

もっと声をあげんば!

路上といっても、ここはアーケード街。

怪しい集団ではありません。

ただいま署名活動真っ最中です。

 今日は第2回署名活動の日。

今日もたくさんの通行人の方々が呼びかけに応じて署名して下さいました。

 

ダムなんか、要りまっしぇん!

ふる里から追い出すやら、とんでもなか!

これ以上、水道料金が上がったら困ります。

それぞれいろんなことを話しながら署名してくださいました。

現地の写真をじっと見つめて下さる人、

佐世保の水事情を示すグラフにびっくり!半信半疑の表情を示す人なども。

「ごめんなさい。署名したいんだけど市役所に勤めているもので・・・」

「あ。この前ここを通った時、もうしましたよ。頑張って下さいね〜」

などと言ってくださる方も。

中には「市営住宅に住んでいるもので・・・」と言って断られた方もいたそうです。

少しでも市に関わっていると、市の政策に反する意思表示はできないと考える人が

けっこういるんですね〜

驚きです。これが佐世保市の実情なのかな〜 

 

でも、一方で、

「あんたたちはおとなしか!遠慮せんでもっと声をあげんば!」と、

地権者の皆さんにカツを入れた人もいたとか・・

 

また、ある人は、署名した後もいろいろ意見交換してくださって、

「うーん、なんとかしたいですねー。私も何ができるか考えてみます」と、

真剣な表情で帰って行かれました。

 

こんな方も含めて、今日はなんと、2時間で386筆!も集まりました。

前回は4時間で588筆でしたので、今回は2時間で300筆を目指しましたが、それをはるかに上回りました。

暑い中、今日も活動に参加して下さった25人の仲間に感謝! 

 

 

第2回署名活動

明日9月27日(土)、第2回署名活動をおこないます。

  場所:佐世保市四ヶ町アーケード街(島瀬交番前)
  時間:12時〜14時

お手伝い大歓迎です!

 

今日、佐世保市議会本会議において、

私たちが提出した収用裁決申請の撤回を求める請願は、予想通り不採択となりました。

賛成したのは社民党議員3名と共産党議員1名の計4名のみ。

残念ながら、山下廣大議員は起立しませんでした。

24日の石特委員会に置いては、たしかこのようなことを言われました。

(録音が禁じられているので一言一句正確ではありませんが)

「会派としてこの請願に反対します」

「自分の考えは裁決の時、議場で1票を行使することによって示したい」

この発言に感動し、今日はたいへん期待して見守っていましたが、座ったまま…。

今回は山下廣大議員の1票は行使しなかったのでしょうか?なぜ?

それとも、起立しない=請願に反対=それが山下廣大議員の考えなのでしょうか?

それは無いと思います。それなら、委員会であのような発言はされなかったはず。

会派の考え=反対と自分の考えは違うから、わざわざあのような発言をされたのだと理解しています。

きっと、どこかから、かなりの圧力がかかったのでしょう。

しかし、議員にとってはどこからの圧力よりも世論の圧力の方が重いはず。

世論を大きく広げるためにも、署名活動を頑張らねば・・! 

 

署名したい!

一昨日の川原訪問のとき、とても嬉しい出来事がありました。

ダム小屋で、おばあちゃんたちと話していた時のことです。

開け放した窓から、突然若い男性の顔と声が飛び込んできました。

「あのー、こちらで署名できますか?」

「?」

テレビで石木ダムの署名活動やってるのを見て・・・

 どこに行けば署名できるかわからなかったので、ここに来ればできるのかなぁと思って…」

「ええ、ええ、できますよ。どちらから?」

佐世保です

「まあ!嬉しい!わざわざ来てくれたの?」

て言うか・・僕は何回か来たことあるんですが、カミさんを連れてきたくて・・

そう言うと、渡された署名用紙に二人で丁寧に署名し、爽やかな笑顔と共に去って行きました。

 

その日帰宅すると、ポストにA4サイズの茶封筒が。

中には50人分の署名が入っていました。

届けてくれたのは、6日の街頭署名を手伝ってくださった市民のお一人。

帰ってからもご近所などに声をかけて集めてくださったようです。

 

そして、昨日も・・・

ある佐世保市民の方が、なんと川棚町役場に電話して、

「署名はどこに行けばできますか?」と訊かれたそうです。

役場の方は、きっとビックリ仰天!戸惑われたことでしょう。

でも、ちゃんと地権者の I さんに訊いてくださって、I さんから私へ連絡があり、その方とお話することができました。

その方MさんもTVを見て署名活動を知ったそうです。

石木ダムのことは知っていましたが、強制収用までされるなんて、もう黙ってはいられないと思いました

とおっしゃって、今日さっそく署名にきてくださいました。

 

Mさん曰く、

下の原ダムの近くに住んでますが、いつも水はたくさん溜まっていますよ。

水不足なんてとんでもない!

 

現実を知っている人が声をあげ始めました。

より多くの方に知ってほしい、知らせたいと思います。  

 

署名用紙は、こちらから。

電子署名は、こちらから。

よろしくお願いいたします。

 

電子署名いよいよスタート!

昨日は、たくさんの佐世保市民の皆さんの署名をいただきました。

今後ももちろん署名活動は続けます。

そして、より多くの皆さんに、石木ダム問題を知って頂くために、いよいよ電子署名を始めました!

Change.org

長崎県知事 中村法道 様 佐世保市長 朝長則男 様

上をクリックして、ぜひ周りの方に拡散して頂けますよう、よろしくお願い致します。

また、インターネットをなさらない方には、紙の署名用紙をダウンロードして、ご使用いただけますようお願い致します。

 

 

 

強制収用しないで!署名 4時間で588筆!

9月6日午後の昼下がり、買い物客が行きかう佐世保四ヶ町アーケード街で

「強制収用しないでください!」の署名活動をおこないました。

「石木川まもり隊」の呼びかけに賛同して、佐世保市内、川棚町、なんと佐賀県からも助っ人の皆さん20人以上が集まってくださいました。

地元「川原=こうばる」からも、7人の美女が集合!

それが功を奏したのか・・

はたまた、昨日の、収用裁決申請のニュースで関心が高まっていたのか、

多くの人がチラシやウチワを受け取ってくれました。

歩きながら、さっそく目を通す人も・・

 

こちらは、ダム建設予定地の写真に見入る人たち。

地元地権者のS子さんの説明にも、しっかり耳を傾けています。

 

そうして共感した人たちが、あっちでも、

こっちでも、

たくさん署名してくれました。

用意した署名用紙80枚(400筆分)では足りず、コピーに走ってもらいました。

 

終わってみれば、4時間で、なんと588筆!

嬉しい誤算でした。

 

やはり「石木ダムは佐世保市民の願い」ではない。

少なくとも、強制収用してまでダムを望んではいない。

そのことが確認できて、佐世保市民の一人として、とても嬉しく勇気づけられました。

 

手伝ってくださった皆様、本当にありがとうございました!

 

石木ダム反対署名を提出

この束が、石木ダムに反対する10,195筆の署名です。

サインして下さった市民、県民、そして全国の皆さんのご協力に改めて感謝致します。

この人々の意思を、県はしっかり受け止めてほしい。

強くそう思いました。

「石木ダム建設反対長崎県民の会」代表の藤沢氏は手渡すとき、こう言いました。

1日も早く石木ダム計画から撤退をしてほしい。

それが私の願いであり、ここに集まったみんなの願いです。

その声がかすかに震えていて…私たちも泣きそうになりました。

 

その後、事務局長のTさんが補足して述べました。

これはたんなる反対者の署名ではない。

街頭での一般市民、県民の署名がたくさんある。

(署名をしながら)皆さん、(この計画は)おかしいと口々に言っていた。

 

そのまた補足で、一緒に署名活動をやっていたGさんが発言。

あまりにも地権者がかわいそうだ、

なんで、なんで強制収用までして、追い出してダムを造ろうとするのか。

こういう声が非常に多かった。

もっと血の通った県政をやってほしい。

また、長崎市は本名川ダムから撤退したではないか。

あなた方も撤退する勇気を持ってほしい。

 

これらの言葉が企画監の心にどの程度届いていたのか…不明ですが、

最後に「知事にお渡しします」とだけ言って、

重い、重い、署名の束を部下に手渡し、部屋を出ていきました。                                        

                         

署名簿提出に関する報道については、こちらをごらんください。
http://ishikigawa.jp/blog/cat17/780/