市民報告集会〜再評価の実態と問題点〜

今回は、集会の告知記事がどこにも掲載されなくて、

人が集まってくれるかな〜とやや心配でしたが、

開会予定時刻になる頃にはほぼ満席となり、Y子さんの司会で始まりました。

 

まずはじめに、山下市議から、

今おこなわれている再評価の概要と、石木ダムの進捗状況、石木ダム反対の意義などについて

パワーポイントを使って、わかりやすく解説していただきました。

 

その後バトンタッチして、私からは、

佐世保市が今おこなっている再評価のどこがどう問題なのかについて、

具体的な話をさせていただきました。

 

主なポイントとしては、

1.過去3回の再評価においては、再評価のための第三者委員会を設置して審議してきたのに、

  今回は再評価委員会を設置せず、常設の「佐世保市上下水道事業経営検討委員会」

  に諮問した。  安直な間に合わせの委員会である)


2.しかも、同委員会の委員8人中4人は明らかな石木ダム推進派で、第三者委員会とは言えない

  3人は「石木ダム建設促進佐世保市民の会」構成団体の役員で、

  1人は「石木ダム建設促進川棚町民の会」で、町の活性化には石木ダムが必要と講演した人

3.平成16年度の委員会においては、再評価のやり方に対する大きな問題意識が示された。

  「説明を受ける資料はすべて事業者側が出して、それで判断するとなっており、

   委員が反対や中止などの意見を言うためには、

   事業者の出した資料を否定する資料を自分で作らないといけないから、

   (それは現実的には無理で)事業者が出した資料に沿った結論にしかならない。

   こういう再評価委員会のあり方は、考えてもらわないといけない。

   いろいろなデータ(事業者側とは別のデータも含め)は公開して、ちゃんと伝えて欲しい」

   貴重なご意見と受け止め、「市民の手による石木ダム検証」の資料を提出したが、

   今回の委員の方々は一顧だにしなかった(完全無視!)

4.前回(19年度)の再評価においては、実現の可能性について疑問が投げかけられた。

  「当該事業に着手以来すでに30年が経過し、今後、進捗のないまま年を重ねるにも限度がある、

   どこかの時点で実現の可能性を判断し、場合によっては、別の道を探る必要があるとの意見も

   一部委員にあるので、重要な意見として特に付記する」

   この意見を無視したまま5年間が過ぎ去ったので、

   今こそ実現性をしっかり判断しなければならなかったのに、今回もその検証はされなかった。

 
5.第1回委員会(1月22日)の問題点

  ・非現実的な水需要予測(26〜27年度に2万トン近く急増している)

   信ぴょう性のある根拠は何もなく、ただ4万トン不足するというための数合わせにすぎない

 

    

   
   

 この点をよくわかっていただくために次の3つのグラフを掲げました。
 

    

このグラフでわかるように、佐世保地区の給水人口はどんどん減っていきます。

人口が減るってことは、水の使用量も減るはずなのに・・

    

あれれ?生活用水は今より少し増えて、以後は横ばいです。

業務・営業用水は平成30年度まではぐんぐん増えて、以後は横ばいですね。

どうしてでしょう?

平成29年度が石木ダム完成予定年度だからかな〜

それまでに、水需要を増やさなければならないからかな〜

そして、問題はこれ!
 

    

この異常な急増。

工場用水が1年間で3倍も!?

これについての詳しい話は、時間の関係で省略し、

6.第2回委員会(2月21日)の問題点

  ・14の代替案を抽出したが、うち13はことごとく可能性を否定

  ・海水淡水化だけを代替案として検討したが、漁業への影響やコストの問題等で、

   石木ダム案よりも劣ると結論づけた

  ・ため池の活用や水利権の転用など可能性はいろいろあるのに、すべて無視

  ・費用対効果も渇水になった場合の被害額を大きく見積もることにより、利益を過大に算出

   既存水源能力を77,000トンに設定したことが原因で、今有る水源の切り捨ては大問題

  ・だから石木ダムしかないという再評価案を今回もあっさり承認

 

などをかいつまんで話して、私からの話を終了しました。

 

その後、質疑と意見交換の場では、これまでになく活発な質問や意見が出され、

司会のY子さんは、交通整理がたいへんでした。

 

一番関心が高かったのは、やはり工場用水についてで、

「今回の工場用水の急増の原因はSSKにあると聞いたのだが・・」との質問があり、

こちらのグラフを提示しました。

    

 

SSKの経営方針転換により、修繕船の売上を2倍に伸ばす予定だということ、

修繕船は船体の洗浄に水をたくさん必要とするそうで、

でもなぜか給水量は2倍ではなく5倍近く膨らんでますね〜と言うと、

「そんなことは有り得ない。今、修繕船の受注も大変で2倍などとんでもない」

「2倍どころか、株価も低迷、潰れるんじゃないかとの噂も・・・」

「水は節水に心がけているし、そんなに何倍もの水道代は払えないはず」

等々、SSKのOBさんたちが口々に証言してくださいました。

 

そこで、私は、その日入手したばかりの、三菱重工長崎造船所の水事情について紹介。

同造船所では、水道用水の使用は飲料用のみ。

あとはすべて工業用水と再生水でまかなっている。

井戸水を、工業用水、風呂、トイレなどに使用し、

使用した水を回収し、3次分解して再生水として使っている。

 

みんなたいへん感心して聞いていましたが、

「船の洗浄は再生水ではできない、塩分を嫌うので、真水でないと・・」

と、またもやSSKの方。

 

しかし、今日、電話で聞いた三菱関係者の情報では、

「船を洗浄した汚水が港の水質を悪化させるというので、

最近では沖合に停泊させ、海水で洗うようにしてるそうですよ」とのことでした。

 

う〜ん、素人にはなかなか判断が難しいですね〜

同じ造船所なのに、どうしてこうも違うんだろう?

SSKは米軍や自衛隊艦船の修繕をするので、うるさいのだろうか?

あくまでもかってな推測ですが・・・

 

その他の意見としては、

・こんないい加減な再評価をされて、市民としては、訴えるべきではないか。

・石木ダムができたら、水道料金はどれだけ値上げされるのか。

・もっと多くの市民にこのような情報を伝えなければ…。討論会など企画して欲しい。

・石木ダムについて何もわかってない議員が多い。議員との意見交換会などもやるべき。

等々、背中を押されるような助言もたくさんいただきました。

 

たいへん有意義な集会となりました。

ご参加の皆さん、本当にありがとうございました。 

 

市民報告集会のお知らせ

今日、「建設通信新聞」に、こんな見出しの記事が出ていました。

佐世保市上下水道検討委/事業継続で3月答申/石木ダム早期着工へ交渉推進

http://www.kensetsunews.com/?p=8033

 

そうなんです。

佐世保市は来月中にも再評価を終えて、

石木ダム事業を継続しますよ〜、だから補助金お願いね〜、と国に報告し、

早く工事を始めようとしています。

 

え?いつ、どこで、そんな話になってるの?

再評価って何?誰がどうやって評価してるの?等々疑問に思われる方も多いことでしょう。

そこで、明日、この件についての市民報告集会を開催します。

 

 

どうなってるの?石木ダム

〜再評価の実態と問題点〜

日時:2月27日(水)18:30〜20:00

場所:させぼ市民活動交流プラザ会議室A

               (戸尾町:旧戸尾小学校)

 

 

時間のある方は、是非聴きにいらっしゃいませんか?

質問やご意見、大歓迎です。

みんなで語り合い、考えていきましょう〜

 

第2回再評価

2月21日、佐世保市上下水道事業経営検討委員会による、

2回目の石木ダム事業の再評価がおこなわれました。

 

 

開始直前、水道局職員が配置につきました。

傍聴席に向かって「お静かに願います」という無言のメッセージを発信しながら。

持たされている方も恥ずかしそうでした。

今日は静かでしたよ。

傍聴者も、もうヤジを飛ばす意味さえ感じなくなったからでしょう。

 

今回、中身に対してきちんと質問や意見を述べていたのは主に3人だけ。

一言も発言されなかった方もいて…。

 

質問なさった方々も、どれだけ事前に資料を読み込んでおられたか…

疑問です。

 

例えば、水道局は自ら用意した14の代替案をことごとく「適さない」として却下。

唯一石木ダムと比較検討できるのは海水淡水化施設だけだと断じました。

それに対して、「佐世保はため池が多いと聞きますが、活用できないのですか

と質した委員がいました。

しかし、水道局が、「集水面積が小さい」とか「貯水量も少ない」ので可能性がないと答えると、

それで了解してしまいました。

しかし、資料の<ため池の一覧>を見てください。

郷美谷池の有効貯水量は、420,000㎥と書かれています。

これで少ないですか?転石ダムの倍近い量ですよ。相当ダムよりも多いです。

そこをどなたも突っ込まないのは、きっとご存知ないからでしょう。

 

また、佐々川の利水の転用についての質問もありました。

うわさの範囲ですが、相浦発電所は水利権を持っているがあまり使ってないと聞きます。

ほんとのところはどうなんでしょうか?」と。

それに対し水道局が、

「相浦発電所に確認したところ、一日最大取水量は4,800トンで、

東日本大震災以降、エネルギー転換の影響で使用水量が2倍ほどに増えているとのことであります」

と答えると、委員は納得し、次の質問に移りました。

 

4,800トンというのは、水利権として持っている一日最大の取水量で、

実際の取水量ではないのです。

実際にどれだけ取っているかを聞くべきで、

そこに大きな余裕があれば転用の余地が生まれるわけですが、

そこの確認が全くなされませんでした。

私たちが以前入手した資料では、ほとんど使われていませんでした。

 

また、費用対効果の分析においては、

なぜこんなに便益額が大きくなるのかという質問さえありませんでした。

既存水源能力を77,000㎥に設定しているからで、

なぜここを現状の105,500㎥にしないのか?

つまり不安定水源もカウントすれば便益額はどうなるのか?

そうしたら費用便益比はどうなるのか?

追求すべきでしたが、何もなされませんでした。

 

不安定水源の慣行水利権を石木ダムと引き換えに返上するなら、

それこそ佐世保市民にとって大きな損失です。

ダムは年数が経てば、土砂が堆積して、老朽化して、いつかは使えなくなりますが、

川の水は半永久的に流れ続けます。

せっかく持っている水利権を自ら手放すのは、大きな大きな過ちです。

 

今回の資料を見て、それに気づく委員が一人もいなかったのは、残念でしかたありません。

それとも、気づいていても黙っていたのでしょうか?

なぜ?

 

しかし、今回は最後に、評価すべきことがありました。

まず、副委員長の発言です。

「私たち経営検討委員会がみてきたのは、

水道局の事業に関して出されている数字が正しいかどうかということであり、

その数字を承認したとしても、

石木ダムを市としてどうするかというのは、この委員会を超える問題だと思う。

経営検討委員会は水を提供する水道局の側の視点であり、

水を使う側の部署、都市計画とか、観光とか、環境、米軍と自衛隊など、

それらを横断する第三者委員会を設け、そこで審議すべきだと思う」

というような意味の発言をされ、

委員長もこれは重要な意見だとして賛同されました。

 

また委員長は、ご自身が持参された水資源の海上備蓄」案を是非検討して欲しい、

漏水の減少にも是非努めてほしいなどとの注文もつけていました。

 

これらの意見をきっちり意見書としてまとめてくださることを心から願い、

期待しています。 

 

 

 

 

 

 

 

石木ダム再評価 第2回第三者(?)委員会

一昨日15日(金)夕方、水道局のHPに、

「石木ダム建設事業の再評価における学識経験者等からの意見聴取について」がアップされ、

「この度、2回目の審議を下記のとおり行うこととなりましたので、お知らせします」とありますが、

なんと、その「下記」は存在せず、日時も場所もわかりませんでした・・

水道局の皆さん、よっぽどお疲れなのですね〜

お察しいたします。

 

でも、翌16日の新聞で確認できたからOKですよ。

場所は、JAながさき西海させぼホール

日時は、2月21日午後1時〜です。

 

(※2月18日午後確認したら「記」が追加され、日時も場所も明記されていました)

 

今回は、前回承認された水需要予測に基づき、

14の代替案が示され、石木ダムとの比較検討をするようです。

同様の代替案検討は一昨年、国交省によるダム検証のときも実施され、

ダムが最有利と結論づけられました。

同局は今回も『ダム建設が優位』との判断を示すとみられる」と記者は書いています。

 

そう。

もう結論は見え見えなんですよね。

それでも、傍聴に行きます。

見え見えの結論を生み出す過程を見ておくことも大切だと思うからです。

 

先日の市議会「石木ダム建設促進特別委員会」で、委員の中から、

 傍聴者から批判の声が上がっていた。委員の自由な発言が阻害されるのではないか心配。

 事務局としてしっかり対応して欲しい

との苦言が呈され、もしや、2回目以降は非公開になるのでは・・?

との懸念もほんの少し抱いていましたが、

さすがに、それはできなかったようです。

水道局の皆さんは、そんなに愚かな方々ではありませんから。

 

いえ、これはお世辞でもイヤミでもなく、本当にそう思っています。

いま、前回(5年前)の再評価の議事録を読んでいるのですが、たいへん面白いのです。

水道局が出してくる膨大な資料と、その難しい説明に対し、

一人の委員が率直に斬っていきます。

こんなものは素人である一般市民にはわからない、私にとっては無意味だ、

これは数字の遊びだ、ここでやってる議論は砂上の楼閣だ、等々。

なぜなら、反対地権者を説得するのは無理だから。

つまり実現性が無いから。

と断言します。

 

最後の取りまとめの時、

他の委員の多くも、

ダムの必要性は認めるけれども、可能性の問題も重要で、

この状態をだらだらと何年も続けることは考えなければならない。

例えば何年を目処にきちっと可能性を出すとか、ある段階で見直すとか、

そういうことも考えるべき

という方向に傾いていきました。

とても常識的で賢明なご意見だと思いました。

 

そして、最後に事務局=水道局は、委員に対し会議のお礼を言うとともに、

このような発言をしています。

事業者としましては可能性はあると思って事業を進めています。

ただ、私自身としましては、これを今までみたいに20年も30年も…

引っ張っていくのかと言われますと…

はい、続けていきますとは答えることができませんが、

じゃあ、いったいいつになったらそれを判断するのかと言われましても…

今の現状を考えますと、

今までのことを再度繰り返すということは出来ないであろうということは考えております。

 

こう語った方は、今は水道局にはおられませんが、

同じ思いの職員は、今も少なからずいらっしゃると思います。

 

どうぞ、思い出してください。

あれから5年がたったのです。

地権者の思いは、今も変わりません。

つまり可能性はゼロです。

知事や市長の意向に背けない立場にあるとしても、

水道事業のプロとして、責任者として、

水道局としての本当の再評価に取り組んでくださることを心から願っています。

                                                

 

工場用水急増のタネ明かし

ここ数日、水道局の新水需要予測の資料を穴の開くほど見つめていました。

特に、工場用水の急増。

    26年度の予測値=2,423m3

    27年度の予測値=6,605m3

たった一年間で2.7倍!

どうしても信じられません。何かトリックがあるはず・・・

 

水道局の説明では、

その急激な増加の主な要因はSSKで、

その経営方針の転換(今後は造船よりも修繕船部門に力を入れること)によって、

船を洗うための水が大量に必要になるからだというのです。

 

そして、その根拠となる具体的な計算式が、資料2http://www.city.sasebo.nagasaki.jp/www/contents/1358919532357/files/SAI-SIRYOU-01-02.pdf の56ページに示されています。

 

修繕船給水量過去実績表から日量2,206m3という給水量を算出し、

「SSKでは経営方針変更に伴い、修繕船の売上高を約2倍見込んである」から、

倍の4,412m3になるというのです。

なるほど・・と騙されそうになりますが、このページをよーく見てください。

上の方にドック水量の過去9年の平均値は日量331m3とあります。

売り上げが2倍になるなら水量も2倍の662m3くらいになるはずですよね。

ここに巧妙なトリックがありました。

 

1)過去の実績から修繕船1隻あたりに必要な水は、2,693m3だと示されています。

  その水は修繕に要する10.5日間で使われるので、

  一日平均使用水量は2693/10.5=251m3/日です。

  2倍の受注があれば、500m3/日です。

2)水道局が算出した2206m3/日は、修繕船がドック入りした一日目だけです

  一日目に汚れた船体をまず洗うので、その日に大量の水を使うだけで、

  残りの9日間は、一日に51m3くらい、ほんのちょびちょびです。

3)初日に必要な大量の水を溜めておくタンクを備えておけばいいだけのことです。

  2206m3にしろ、4412m3にしろ、それは一日平均給水量ではないのに、

  平均給水量を入れるべきところに、この数値を紛れ込ませたことによって、

  ケタ外れの需要増加をひねり出しています。

 

まさにマジック?

悪質な論理のマジックであり、数字の捏造だと言わざるを得ません。

  

しかも、汚れた船を洗うのに、きれいな上水道水が必要でしょうか?

私たちが洗濯にお風呂の残り湯を使うように、造船所などでも水を再利用していると聞きます。

三井造船では、水道水の倍以上の中水道水を使っています。

三菱造船所も再生水や井戸水を使っているようです。

SSKだってきっとそれなりの工夫をしているはず。

佐世保で一番の大企業、一流企業ですから、CSR(企業の社会的責任)の認識はお有りでしょう。

 

万一それが欠けているならば、

そこを指導するのが水道局の役目ではないでしょうか?

いつも「本市は慢性的水不足!」と嘆いている方がたですから。

 

石木ダム建設促進特別委員会

昨日は久しぶりに、石木ダム建設促進特別委員会を傍聴しました。

以前は水資源確保対策特別委員会という名称で、

石木ダム反対の議員もいて、賛否両論の審議がなされ、水道局の説明も聴き応えがありました。

今は、その名の通り、石木ダム推進派議員ばかりの集まりで、水道局とは同志のようなもの?

批判的or客観的な議論は期待すべくもありませんから、なかなか行く気もおきなくて…

 

でも、昨日は、水道施設整備事業再評価の経過報告について水道局からの説明があるとのことで、

行ってみました。

 

去る1月22日の佐世保市上下水道事業経営検討委員会の議事概要と

配布された資料の中身についての説明の後、

3名の委員から質問と意見がありました。

 

いつになく真剣な、突っ込んだ質問が2つほどあり、

それに対して水道局は次のように答えていました

 

Q: 合併地区の公営民営簡易水道の統合はどうなっているのか?

   この需要予測の給水人口に加算されているのか?

   簡易水道は古くて、維持管理に困窮している。早く統合して欲しい。

 

A: 合併地区の統合は一気にはやれない。

   今回の需要予測は36年度までなので、それまでに統合可能な地域の人口は加算されている。

   合併地区の簡易水道統合の財源については一般会計からとなっているので、

   一般会計のスケジュールに則って、順次やっていく。

 

Q: 委員会審議中に委員長の発言に対して傍聴席から声が上がっていたし、

   閉会後にも会の運営に関して相当批判する声が出ていた。

   委員の一人は顔色を変えていた。今後の審議に影響があるだろう。

   事務局としてどう対応するつもりか?

 

A: 傍聴者には事前にルールを書いたものを渡していたが、ああいう結果になってしまい、

   水道局自身としてもたいへん反省をしている。

   次回以降、委員の皆さんの議論が支障なく進むようにしっかり取り組みたい。

「委員の皆さんの議論が支障なく進むようにしっかり取り組む」方法として、

どういうことをお考えなのでしょうか?

まさか、傍聴者を締め出す?

そんな乱暴なことはお考えではありませんよね?

そんなことをすれば、佐世保市の社会のレベルを下げるだけです。

非民主的な時代遅れの印象を与えるだけです。

(実際そうなんだけど…

 

過去の再評価のように、再評価のための委員会を設置すればよかったのに…

そこに賛成派と同数の反対派の市民も委員として採用すればよかったのに…

16年度の再評価のように、事前にパブリックコメントなど求めればよかったのに…

そのような対応(一般市民の声に耳を傾ける)は何もせず、

自分たちが選んだ推進派が大勢を占める委員会で形だけの審議をして終わり…

それでは、批判が出るのも当然じゃないでしょうか?

 

質問をした議員さんは、そんなこともお気づきではないのでしょうか。

それとも、これは、推進派議員と水道局による小芝居か …?

質問書を提出しました

このところ錆び付いた頭を酷使しながら、

水道局が出した水需要予測の資料と格闘しています。

 

みごとな数字合わせ、まやかしの計算式に、敵ながらあっぱれ・・・

いえいえ、この優れた才覚を是非、未来を守るために使って欲しいものだと残念に思いつつ・・

(その内容については、後日お伝えします)

 

そんなわけで、たいへん遅くなりましたが、水道局からの回答を公開します。

これは1月17日に私たちが提出した要請書に対する回答で、21日にいただきました。

 

 

 

書かれてあることを要約すると、

石木ダム建設事業の再評価実施に際し、

「佐世保市上下水道事業経営検討委員会」に諮問するのは妥当なことだと考えている

その主な理由は、

・同委員会の目的は、水道局の経営のありかたや施策策定に関して調査検討をおこなうことであり、

 中でも石木ダム建設事業はその最も重要な施策である。

・同委員会は、これまで水道事業に関する予算や決算等について審議していただいているので、

 本市の水事情や水道施設の状況について詳しく、学識経験者を含む各分野から構成されている。

 

との考えが示されています。

しかし、私たちが一番聞きたかったこと、また、言いたかったことには何も触れられていません。

 

つまり、委員8名中、4名が石木ダム推進派のメンバーだということ。

(石木ダム促進市民の会会員3名+促進川棚町民の会での講演者1名)

公平中立であるべき第三者委員会が、そんな不公平な構成でいいのですか?

という素朴な疑問です。

その答えが、何もありませんでした。

 

それで、私たちは、1月29日に再度、その1点に絞って質問書を出しました。

 

 

                                             2013年1月29日

 佐世保市水道局

  局長 川久保 昭 様

                                              石木川まもり隊

       

                         質 問 書
 

 去る1月17日、私たちは貴局に対し、「石木ダム建設事業の再評価を、佐世保市上下水道事業経営検討委員会に諮問して行うことは直ちに中止し、新たに再評価委員会を設置して行うことを求める要請書」を提出いたしました。

委員会開催前日の1月21日、たいへんご多忙な中、私たちへの回答を出していただきましたことには感謝しております。

ただ、その中で私たちの質問にお答えいただけなかった点がありました。

それは、要請書の(3)のところで、「佐世保市上下水道事業経営検討委員会」の委員8名の中には「石木ダム建設促進佐世保市民の会」の構成団体の代表者等が3名いることを指摘して、石木ダム建設事業の再評価をするための委員会として、公正中立と言えるかどうかお尋ねしました。

この点について、貴局のお考えを知りたいので、再度質問いたします。
 

1.  委員8名中3名が「石木ダム建設促進佐世保市民の会」の構成団体の代表者等である「佐世保市上下水道事業経営検討委員会」は、石木ダム建設事業の再評価をするための第三者委員会として、公正中立な委員会とお考えでしょうか。

2.  公正中立な委員会とお考えであるならば、その根拠をお示しください。

 

さて、今度はどのような回答が届くでしょうか?

一週間以内に文書での回答をお願いしています。

ということは、来週月曜日?遅くとも火曜日には出していただけるでしょうか。

心待ちにしています。。

 

再評価委員会もどき委員会 第1回開催 

いよいよ始まります。

再評価委員会もどき委員会が。

なぜ「もどき」かと言うと、再評価委員会は第三者委員会ですが、

この委員会は第三者委員会とは呼べないからです。

 

委員8人中4人が、石木ダム推進派で占めていて、

うち3人は「石木ダム建設促進佐世保市民の会」です。

 

その会がやってることは、佐世保市民の税金を使って、

「石木ダムは市民の願い」というバスの車体広告を出したり、

早く工事を再開してほしいと県に陳情に行ったり、

アーケード街で石木ダム建設促進パレードを毎年実施したり・・・

それはそれは熱心なのですから。

ダム工事を早く再開せよという人たちが、

石木ダム事業は継続すべきではないなんて意見を言うはずがありません。

 

そして、委員長を除く7人の構成は、

賛成派:中立派=4:3なのですから、採決すれば答えは事業継続に決まっています。

その上、

委員長は、わざわざ委員全員に平成6年の大渇水の苦労話を語らせたり、

人口が減っても、核家族化による使用量の増加を示唆したり、

あれれ???この方は水道局の方?と勘違いしそうになってしまいました。

 

しかし、残る3名の委員の皆さんは、時々鋭い質問をなさっていました。

  ・安定水源と不安定水源を足せば、水は足りているのでは?

  ・一時的減少が慢性的減少になることも考えられるのではないか?

  ・過去の実績値から見ると、この予測値は明らかにオーバーしているように感じるが…

など。

でも、水道局の説明を聞いて、ほぼそれで納得し、

突っ込んだ再質問が出なかったのは大変残念でした。


一昨年の長崎県公共事業評価監視委員会のときのように、

納得のいくまで質問し問題を引き出してくれる委員の粘りを期待したのですが、

最後に委員長が

「この水需要予測については承認されますか?承認する人は手を挙げてください」と言うと、

なんと!全員があっさり手を挙げてしまったのです。

まさに「全会一致」でした。

 

途中で、ちょっとだけ期待した分、ガックリきましたが、

まあ、予想していたことではありました。

だからこそ、私たちは、この委員会に再評価を諮問するべきではないと要請してきたのです。

 

ところで、今日の水道局の説明で疑問が解けたことが1つあります。 

平成24年度以降の一日最大給水量(青の折れ線)の予測値について、

25年度まではほぼ実績値と同じで、なぜ26年度から急増しているのか?

説明によると

24年度(今年度)は決算の見込みを、25年度は予算を反映させているから

とのことでした。

それって・・・

私には、決算や予算は現実に基づいて提出しなければならないからと言ってるように聞こえました。

裏を返せば、それ以降の数字は非現実的ということになるのでは?

 

この表を見てください。

            H23年度   24年度   25年度   26年度   27年度   28年度   29年度

 
ブルーの欄の数字は、一日平均給水量です。

グリーンの欄は、一日最大給水量。

昨年、つまり23年度実績は、平均と最大の差は9,000トンくらいなのに、

平成29年度の予測では、20,000トンもありますよね。

水需要は最大給水量で考えますから、

最大給水量を大きくするほど不足分が増え、

それを補うにはダムしかないと言えるからでしょう。

 

では、どうやってこの最大値を大きくしてるのか?

それは、上の表の一番下のピンクの欄を見てください。

これは負荷率という数字で、この数字が大きいほど平均と最大の差が少なく、

この数字が小さいほど、平均と最大の差が大きいことを意味しています。

23年度実績の負荷率が88.7%で、24年、25年と同じ率を使っていますが、

26年度からは、80.3%という小さい率を使っています。

その結果、26年度の最大給水量は前年度より1万トンも急増しているのです。

 

試しに計算してみましょう。

26年度の平均給水量は、73,649トンですから、負荷率80.3%を使えば

73,649÷0.803=91,717 になりますね。

もしここで、それまでと同じ負荷率88.7%を使えば

73,649÷0.887=83,032となります。

 

おわかりですよね。

負荷率をちょっと変えることによって、

平均給水量は同じでも、最大給水量はずいぶん違います。

約92,000トンと83,000トンでは、9,000トンもの大差です。

これが、26年度以降の急増のタネ明かし。

 

もう1つの数字の変化を見てください。

   H23年度    H24年度    H25年度    H26年度    H27年度    H28年度

 

これは、工場用水の変化。

1,890トンは平成23年度の実績値。

ここでも、24年度と25年度は横ばいです。

27年度に急増してますね。

前年度の2.7倍!ですよ。

信じられます?1年で2.7倍も水需要が伸びるなんて。

魔法使いじゃあるまいし・・・

 

魔法のタネはここにありました。

大口需要者のSSKが経営方針を変え、修繕部門を強化することにより、

船の洗浄用水が増加するからだそうです。

 

としても…ですよ、信じられます?この数字。

一日に4,412トンも!

現在の佐世保市内ぜ〜んぶの工場用水が1,890トンなのに、

1社で4,412トンも???

 

その結果、工場用水はこのように、まるで崖を駆け上るように上昇する予定なのですって。

 

仮に、この予測が正しいとしたら、それはそれで、問題なのではないでしょうか?

船を洗う水は、上水道でなければならないでしょうか?

それこそ再生水の出番ではないでしょうか?

佐世保市では、再生水の利用者が少なく、毎日何万トンも海に捨てられています。

 

経済産業省の調べによると、

工業用水は1980年以降減少していて、それは水のリサイクルの進展が原因。

昭和40年は36%だった水の回収率が、平成21年には79%に達したそうです。

 

SSKさんも大企業ですから、水資源の大切さは十分おわかりのはず。

市水道局から高い水道代を払って、

飲み水用のきれいな水をすべての洗浄に使うのではなく、

再生水で可能なところは、リサイクルした水で省資源、省コストを目指していかれるはず

 

やっぱり今回の需要予測も、過大でしたね〜 

委員の皆さん、そう思われませんか?