収用委員会、中止!

あれれ・・?

がら〜ん!  今回は受付会場の準備が何もできていません。

前回は、

こんなでしたよね。椅子やテーブルでバリケードまで作って・・・

今回は受付のテーブルさえ用意されていない。。。

12時半を過ぎた頃でしょうか(時間の確認はできていませんが)、

ようやく収用委員ご一行が事務局(県職員)と共にやってきました。

道を開けてください、通してください、邪魔をしないでくださいと職員が声をかけても、

みんな背中を向けて応じません。

委員の一人が、そんな地権者たちの写真を撮ろうとしました。

支援者の一人が条例違反だと制すると、「そっちも撮っているじゃないか。それにそっちは公務を邪魔している。公務執行妨害だぞ」と脅すような口調でした。

しかし、委員も事務局も、ものの5分ほどで諦め、引き揚げていきました。

そして、これまたすぐに職員がやってきて「本日の審理は中止となりました」の紙を貼っていきました。

 

会場の外で記者団に囲まれた戸田会長は、質問に対し、

「今日の結果は残念だ。今後の対応はまた委員の皆さんと話し合って検討する」と答えていました。

他の委員の皆さんからは、「阻止行動は違法だ!」「なぜこんなことが許されるのだ?」「我々は公務をおこなわねばならない」など怒りに満ちた発言も聞こえてきました。

 

委員が立ち去った後、記者団は、その答えを求めるように、今度は地権者にマイクを向けました。

地権者のSさんは、こう答えました。

 

既に田畑の一部がが収用された

強制収用が現実のものとなってしまった

この委員会は公平公正ではなかった

審理が進めば新たな土地も家も奪われてしまう

それを止めるには、収用委員会を開かせないこと

我々は地権者として、その意思表示をしていくしかない

我々は土地を守り、地域を守る

それは我々の権利であり、それを収用委員にもわかってほしい

しかし、委員は聞く耳を持たない

だから背中を向けた

無言の抗議だ

それが我々の主張だ

 

この言葉を、収用委員会委員の皆様に届けたい。

少しは地権者の思いを理解して頂けるはず。

と思うのは甘いかな〜  

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です