石木ダム問題に関わるパタゴニアの想い、そして人

今日の朝日新聞の記事をご紹介します!

石木ダム問題に関わるパタゴニアの人と想いを伝える記事です。

地方面ですが、かなり大きな記事でこのスペースからははみ出しちゃう…

で、2つに切って貼り付けます。

自然が好き、山が大好きなたまちゃん(石津さんのことを私たちはそう呼んでいます)は、

その山のように大きな心で、いつも私たちを陰ながら見守り支えています。

思えば、たまちゃんはキューピッドでもあるのです。

 

去年の8月、「11月に開催のパタゴニアツール会議にぜひご参加ください」

という有難いご招待を日本支社の環境部から頂いたのに、その時は辞退しました。

ツール会議の内容もよくわからなかったし、まもなく収用裁決申請が出されるかもしれないという、

「それどころじゃない」切迫した時期で、3ヶ月も先のことなど考える余裕がなかったのです。

 

たまちゃんに断ったことを伝えると、「そうですよね・・残念だけど」と、その時はすっと引き、

しかしその後も折に触れ、

「ツール会議ってすごいんですよ。行けば絶対に得るものは大きいと思うんですけどね…」

「パタゴニアの社員でも選ばれた人しか参加できないんですよー。私も行きたかったけど…」

なんて、それとなく翻意を促すサインを送り続け・・

他の方の勧めもあり、結局10月末になって「やっぱり参加させて頂きます」ってことになり、

ほーちゃんと二人、清里にて3泊4日のハードな合宿を体験させて頂きました。

たまちゃんの言う通り、ツール会議で得たもの、出会った人は全て宝ものとなりました。

 

その中に辻井社長もいらして、石木ダム問題に特別の関心を持たれたようです。

そして、翌年1月、佐世保での「今こそ考えよう石木ダム」集会&ダムネーション上映会に参加。

前日には建設予定地「川原」を視察。

ここで初めて、辻井社長と石木ダム問題の赤い糸がしっかりと結ばれたのだと思います。

 

事業を正当に止めることができる、そんな状況をつくることが大事。

それこそが「誰もが納得できる計画撤回案」。

どこかにある!

私たちもそれを信じて活動を続けます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です