ダム周辺地域の荒廃〜水資源白書

国土交通省自身が認めたダム周辺の荒廃ぶり・・・

ダムで地域活性化ができるなんて話は、やっぱり信じちゃダメですね〜

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013073100770

 

ダム周辺の人口減少=山林荒廃、土砂崩れ増加も−水資源白書

 

 国土交通省は31日、2013年版「日本の水資源」(水資源白書)を公表した。

白書は、ダムの周辺地域の人口が減少していることを紹介。今後、管理の行き届かない

山林が荒れ、山の地盤が緩くなり、土砂崩れや水質汚濁の増加につながると警鐘を鳴ら

している。

 白書によると05年から10年にかけて、牧尾ダムのある長野県王滝村は人口が約14

%減少し、湯西川ダムのある栃木県日光市は約5%減少した。国交省はこれまで、ダム

周辺地域の活性化を目指し観光資源や特産品のPRを支援してきたが、これらの地域で

は人口減少に歯止めがかかっていない現状が浮き彫りになった。(2013/07/31-17:16)

 


よくぞ認めてくださった!

その通り。

ダムが観光資源になるなんて、過去のこと、あるいは特別なケース。

黒部ダムのような。

 

4年前のGW、県内のダムを見て回ったことがあるのですが、

いや〜、元親水公園のほとんどは、みごとなほど草ぼうぼうに荒れ果てていました。

http://www1.bbiq.jp/ishikigawa/dam-shuhen.html

 

川棚町の道路脇に、石木ダムで地域を活性化しよう!みたいな意味の標語が

掲げてありますが、

町民の皆さんは、本気でそう思っておられるのでしょうか・・・

 

オンライン署名にぜひご協力ください!

石木ダム建設は説明不足。長崎県は一度立ち止まり、
公開討論会を開いてください。(Change.org)

ほかにも、こうばるを守るためやっていただけることがあります。

→あなたにできること

“ダム周辺地域の荒廃〜水資源白書” への 4 件のフィードバック

  1. ダムがらみで・・・

    ダム関連記事の一部ご紹介

    ・・中国のダム放水で死者…住民1万人が抗議、衝突

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130824-00000715-yom-int



    読売新聞 2013.8月24日(土)19時1分配信

     【広州=吉田健一】24日付の香港紙・東方日報などによると、中国広西チワン族自治区の桂平市金田鎮(鎮は日本の町に相当)で21日、大雨の際に当局がダムから放水したことが原因で下流域で死者が出たとして、住民約1万人が地元政府庁舎に抗議に押し寄せ、約1000人の警官隊と衝突した。

    〜  〜



    洪水から下流を守るダム?・・・石木ダムには 洪水吐ゲートは設置されるのでしょうか? たぶん越流堰だと思うのですが・・・それであれば・・・最近の降雨強度大の雨まかせでは・・・危険なのではないでしょうか?

  2. 「かたろうで県議会」で一言発言

    司会者から、制限時間3分と言われ、少しオマケして頂きました。少し、オーバーしましたが、はっきりと、意見は述べて来ました。まず、



    平成25年8月25日アルカス佐世保で、長崎県議会報告会「かたろうで県議会」で、石木ダム建設について、意見を述べてきました。



    まず、佐世保市制だよりの2009年10月号に、石木ダム建設の代替えとして、佐世保市南部水系下の原ダムのかさあげが、記載されていること。



    平成23年5月長崎県が、石木ダム建設に、治水費79億円、利水費529億円、合わせて608億円試算していること。



    佐世保市の水不足は、249万トン。

    平成18年に下の原ダムのかさあげを、約5.9mかさあげした時、86.3万トンで、費用が49億円だった。

    仮に、下の原ダムを約20mかさあげした時、5.9mの約3.3倍の284.8万トンになり、佐世保市の水不足249万トンをはるかに超える。



    費用は、49億円の約3.3倍の約161.7億円になる。



    更に、下の原ダムには、3つの谷があるので、貯めることが出来る。



    現在、平成6年の運搬費55億円を3割の値上げを2割の値上げを支払っているが、生活がみな苦しんでいる。



    その上、石木ダム建設費608億円になれば、水道料金が現行の2倍以上の負担になる。



    この金額は、付帯設備費やポンプ場等の費用が入っていないから、更に、負担金が増える。







    更に、佐世保市の平成23年度の決算は、234億円の債務超過である。



    これに、約608億円の建設費の三分の一の200億円を加えると、434億円の債務超過になる。



    これ以上、債務超過すれば、佐世保市の財政は、破綻する。



    だから、石木ダム建設を取り下げ、石木ダム建設の代替えの佐世保市南部水系下の原ダムのかさあげに変更すべきである。



    と意見を述べて来ました。



    長崎県議会のみなさんが、協力して、ご理解頂ければ、石木ダム建設反対のみなさんの一助になれば、幸いです。

  3. Unknown

    元佐世保市民さん、「中国のダム放水で死者」の記事、ありがとうございます。

    昨今のゲリラ型集中豪雨では、日本もその危険性は十分考えねばなりませんね。

    コンクリートの枠の中に水を溜め込んでやる洪水対策は、限界があることに気づいて、欧米ではもう20年ほど前からダム撤去が始まったのですから…

  4. Unknown

    速来津姫さん、

    「かたろうで県議会」で石木ダムについて発言なさったとのこと、参加者の反応はいかがでしたか?



    そこにある608億円という数字は私も初めて知りました。

    何かの機会に、その資料を見せていただければありがたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です