いまこそ、石木ダム見直しのとき!



これは、長崎新聞がおこなった「有権者500人に聞く~2018年知事選」のアンケートの結果です。

「ぜひ必要」+「どちらかといえば、あったほうがいい」=20.0%
「全く不要」+「どちらかといえば、なくてもいい」=36.4%

石木ダムが必要かと問われれば、不要と考える県民の方がかなり多いことが明らかになりました。

これは昨年5月、民間のリサーチ会社がおこなった石木ダムについての県民2500人アンケートの結果とも符合します。

今回のアンケートは、2月4日の知事選を前におこなわれたのですが、各質問項目の結果をみると、いずれも県民意識が浮き彫りになっており、信ぴょう性の高さを感じます。



このように回答者の半分は中村知事に好感を持っており、評価しない派は2割に過ぎません。

そして県民が求める政策は、



トップにあがったのは「所得向上」。県民所得は全国でも最低レベルですから予想通り。ただ女性に限ると、トップは「子育て支援」。いかに県内のお母さんたちが苦労しているか、悲痛な声が聞こえてくるようです。

一方、その県民の血税を注ぎ込んでいる新幹線については、



必要派は5割を超え、不要派を12.4ポイントも上回っている!これは意外でした。県民も望んでいるんですね~ 新幹線に夢を抱き過ぎじゃないかな~と思う私は少数派だったのか~

長年懸案のこちらは、



わずかの差で反対派が上回っていますが、圧倒的に多いのは「分からない」。そうですよね~司法の判決も「開門しろ」と言ったり「開門するな」と言ったり二転三転。漁業者や営農者の言い分を聞いていると、どちらも気の毒で判断できない・・・と思う県民が多いのでしょう。

つまり、今回のアンケート結果でわかったのは、意外と?県民の多くは中村知事を評価しており、知事が進めている新幹線には理解を示し、懸案の諫干開門については中立的。そんな県民が、石木ダムに関してだけは反対の声を上げているということが見えてきたのです。



この事実を、知事をはじめ県は、しっかりと受け止めてほしい!

1月16日の長崎新聞には、この石木ダムに関するアンケート結果の分析がまとめられていますが、佐世保市だけで見ると、なんと不要派は47.4%!5割に近かったというのです。佐世保市民の私としては、大いに頷ける数字でした。



 

中村知事へ

あなたは三選出馬を決意するまでずいぶん迷われたようですが、それは何故でしょう?

県政を担う重圧からもう解放されたかったのでしょうか?

自分の目指す政治がやりにくい環境にあったからでしょうか?

でも、もう決意された。明日は告示ですね。

もう一度県民のために頑張ろうと思われるのなら、この一般県民の声をしっかり受け止めてください。

今こそ、石木ダムの見直しを掲げる時!ですよ。

 

オンライン署名にぜひご協力ください!

石木ダム建設は説明不足。長崎県は一度立ち止まり、
公開討論会を開いてください。(Change.org)

ほかにも、こうばるを守るためやっていただけることがあります。

→あなたにできること

“いまこそ、石木ダム見直しのとき!” への 1 件のフィードバック

  1. 知事さん、今は時代の転換期です。不要な事業を止める決断をすれば、有権者は間違いなく評価すると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です