僕らの無知と無関心が一番危険

6月15日のこのブログで紹介した東田トモヒロさんについて、ネット上にこんなニュースが掲載されていました。

「やっぱり電気ってありがたい」からの「反原発」「反ダム」 熊本のシンガーソングライター投げかけた問い

http://news.livedoor.com/article/detail/13214241/

 

熊本市在住のシンガーソングライターが、隣県長崎の「ダムに沈むかもしれない里山」に思いをはせたミニアルバムを制作したのはなぜか?
その里山を舞台にした映画「ほたるの川のまもりびと」(パタゴニア特別限定版)の上映会とセットでミニライブを長崎県内8カ所で展開(6月23日まで)しているのはなぜか?

疑問に思った記者の問いに返ってきた答えは…
その歌声と同じように誠実で柔らかく、心にしみるものでした。

新曲「ひだまり」は、「ふる里を奪われ、住めなくなる。震災を受けたフクシマと熊本、ダム建設に向けた工事が進み、住民が立ち退かされるかもしれない長崎県川棚町の川原(こうばる)。この三つが僕の中でつながり、この曲を書いたのです」と。

東日本大震災の原発事故で「一つの文明社会が終わった」との意識を強くしたが、熊本地震では「人のつながりのありがたみを感じた」

身近で起きた震災で、大事なものが何か分かった

WTKに参加して川原で歌っている時、「よみがえった感があった」
「自分の心の中にある、さみしいところにちゃんと手をあてて、ちゃんと向き合った感じがあった。温かい感じがよみがえった感があり、満足しています」

石木ダム建設計画は「大洪水が起きるという不安と恐怖をあおって、地域住民にダムは絶対に必要だと迫っているように映ります。川原のことから目をそらすことは、権力の暴走から目をそらすことになると思う

僕らの無知と無関心が一番危険を呼ぶから、恐ろしい
自分で感じて考え、何がより自然で、何がより平和で、子どもたちの世代、さらにその先に残せるものは何なのか。僕は国境的な考え方じゃなく、大きな地球意識、地球人としてのスタンスでいきたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です