消化不良の水需要論議

今日の長崎新聞「記者の目」のタイトルです。

いつも思うんですが・・・

記者さんたちはタイトルを付けるのが、ホントにお上手! 

 

そうなんです。消化不良! 

前回の、石木ダム再評価のための第三者(?)委員会の傍聴者、みんなが感じていたこと。

理解不足! 分析不足! 突っ込み不足! 粘り不足! 

そして、あっという間に 承認! 

そんな水需要論議でした。

論議も消化不良だし、傍聴していた私たちの心の中も、モヤモヤグチャグチャの消化不良状態。

そんな私たちの消化不良の原因を山口記者はズバリ診断。

 

2007年の再評価の時に出された予測値は、その後の実績値を大きく上回った。

なぜ予測と現実が大きく乖離したのか、その原因究明と、今回どう改善したのか、

それを精査する作業が最も重要だったのに、この点について突っ込んだ議論はなかった。

もしまた数年後、今回の需要予測が現実と大きくかけ離れたら、

どう弁明するのだろう。

 

というような内容でした。

よ!名医!

と言いたいのですが、

その処方箋は・・・

 

今後も審議は続く。

少なくとも「論議は尽くした」という言葉が、説得力を持つような結論を望みたい。

 

でした。

うーん、この薬じゃあ、私たちの消化不良は治りそうにありません。 

だって、これからの論議は、前回の水需要予測を承認した上に展開されるわけですから、

砂の上に家を建てるようなもの。

すぐに流される砂はやめて、しっかりしたコンクリートの土台に造り直して、

その上に家を立てていくべきだと思うのです。

 

たしかに初めから再評価をやり直すなんて、一般常識では考えられないでしょうが、

今やり直さないと、

後で、もっとやり直しのきかない事態を招くことになるでしょう。 

 

消化不良の時は、食べたものを体外に出すのが一番!ですよね。 

 

オンライン署名にぜひご協力ください!

石木ダム建設は説明不足。長崎県は一度立ち止まり、
公開討論会を開いてください。(Change.org)

ほかにも、こうばるを守るためやっていただけることがあります。

→あなたにできること

“消化不良の水需要論議” への 2 件のフィードバック

  1. 市民の意見を聞く場がほしいね

    佐世保市民と佐世保市長と佐世保市議会議員の水対策委員長、佐世保水道局長等の公開討論会をやるべきだ、と思う。



    それは、石木ダム建設を掲げている以上、佐世保市民の意見がつぶされているから、まともな、正しい見方、公平な見方を求める、佐世保市民の立場が活かされていない、と感じる。



    水を使うのは、佐世保市民である。



    佐世保市民の為を第一に考え、知恵を出すためには、現場、つまり、佐世保市民の側に立った施策を考えるべきである。



    今のままで、石木ダム建設を推進することは、諫早湾の干拓事業のニの前を踏み、税金だけが、無駄遣いになります。本来は、干拓は必要なかったんです。

    馬鹿な人たちです。これが、知恵がない行政です。



    将来、水道料金を2倍以上支払うのは、佐世保市民だから、その遺恨は、末代幼稚まで残り、当事者本人はもとより、その家族、親戚、職員に至るまで、悪い影響が残るでしょう。



    これを、因果応報と言います。(原始仏典)



    石木ダム建設を推進した当事者やそれに関わった人たちは、必ず、苦しむことになります。



    諫早湾干拓と同様に、後から気付いても、もう遅いことになります。

  2. みんなの広場の掲示板も注目してね

    本日の石木ダム建設の再評価委員会に、傍聴して来ました。がっかりして、途中、抜け出て帰りました。愚だらない話だったからです。委員長さんの自慢話とか、お金がないくせに、佐世保市水道局は、石木ダム建設を推進していたから、馬鹿としか、言えません。

    会社は、資金繰りを立て、目標に向かって、行動します。が、しかし、佐世保市水道局は、目標を立てていますが、肝心要のお金が、全然ないそうです。借入でするのですかね。利息が付きます。佐世保市民は、今でも2割の水道料金の値上げで、苦しんでいるのに、更に、天井知らず、値上げを考えている様です。出来るわけがありません。一般会計から融通しようとでも、考えているのでしょう。そうなれば、税金が上がります。石木ダム建設の資金繰りが立たない現状では、中止せざるを得ないでしょう。そう思いますが、そう思いませんかね。佐世保市民の生活は、石木ダム建設により、更に苦しくなります。この責任は、行政を預かっている、佐世保市水道局となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です