18日の収用委員会は報道関係者以外は傍聴お断り

11月18日には、長崎県収用委員会が開催され、2件の土地の収用について審理される予定ですが、

それに関して同委員会の事務局からこのようなお知らせが長崎県のサイトにアップされました。
(赤字は私の編集によるもの)

11月9日付
http://www.pref.nagasaki.jp/object/kenkaranooshirase/oshirase/217104.html

長崎県収用委員会の審理の傍聴に関する規則第3条の規定に基づき、長崎県収用委員会は、次の事件に関する審理について、審理の傍聴人を報道関係者のみに制限しますのでお知らせします。

27長収第1号乃至第7号
二級河川川棚川水系石木ダム建設工事並びにこれに伴う県道、町道及び農業用道路付替工事に係る土地収用事件

 

えっ!報道関係者だけしか傍聴できない?収用委員会は公開が原則のはずなのに・・・

と思っていたら、翌日、このような発表がありました。

11月10日付 報道機関向けのお知らせ
http://www.pref.nagasaki.jp/press-contents/217103/

なお、今回の審理については、公正かつ円滑な審理指揮を確保するため、傍聴人は報道関係者のみに限らせて頂くほか、下記2のとおり対応させて頂くことにしております。
取材に際しましては、下記3の事項にご留意下さるようお願いします。

と書かれており、下記3とはこのようなものでした。

3.留意事項

(1)審理の傍聴は報道関係者のみに制限させて頂いています。

(2)報道関係者には記者席を用意しておりますが、会場の関係上、数が限られますので、各社最小限の人数でお願いします。

(3)審理会場には報道関係者用の受付を準備しております。係員に腕章又は社員証を提示の上、受付名簿に記名(記名に代えて名刺の提出でも可)頂き、審理会場内にお進み下さい。

(4)審理会場内の撮影は、27長収第5号事件の審理開始前2分間に限り冒頭撮影を認めています。審理指揮者の指示に従って、撮影を開始し、又は終了して下さい。(27長収第6号事件は審理開始前の冒頭撮影はありません。)

  なお、冒頭撮影に際しては、出席者のプライバシーについて十分ご配慮して下さい。

(5)上記(4)の冒頭撮影を除くほか、審理等の会場では、録音、録画、撮影及び放送は禁止されています。

(6)収用委員会は合議制の行政委員会でありますので、収用委員個人への取材はご遠慮願います

つまり、収用委員をガードしつつ、報道人はしっかりチェックし、録音録画も禁止された、極めて非公開に近いやり方です。

なぜそのように神経質になるのかというと、「公正かつ円滑な審理指揮を確保するため」だそうです。

「公正な審理」は誰もが望むところです。私たちも同じです。

しかし、今の委員会メンバーではそれは望めません。

この記事は記憶に新しいところですが、

「事務局と一丸となってスクラム組んでやっていく」と言った新委員が更迭されたという話は聞きません。

このような非中立な、起業者に偏った委員による審理など認めるわけにはいきません。

委員を選任し直して、本当に公正中立なメンバーのもとで会議を開くべきです。

また、ブルドーザーか機動隊を導入してでも強制収用しろと言った前委員のもとで決められた収用裁決は無効であり、

前回の審理も、新メンバーのもとでやり直してほしいと私たちは思っています。

 

そのような当然の要望も聞き入れてもらえない今の長崎県政に、正義や民主主義はあるのでしょうか?

このまま事務局が描いた通りの委員会が開かれれば、「非公正かつ起業者の意に添った審理」に終わることでしょう。

 

そうすれば、強制収用すべき土地は増えて行き、行き着く先は行政代執行しかないのに・・

それを県は本気でやろうというのでしょうか? 


 

追い詰められているのはどっち?

確認しに来ました。通してください。お願いします。

古川所長とダム事務所職員は何を確認に来たのでしょう?

横断幕で遮られ、背伸びして道の向こうを見ています。

 

明渡し期限は過ぎました。

基本的には更地にしてもらわなければなりません。

まだ収穫物が残っていたら速やかに収穫してください。

これから新たに何かを植え付けるようなことはやめてもらいたい。

お願いします。

 

地権者の皆さんからは何の言葉も返ってこず、

所長たちは早々に引き上げていきました。

 

NBC記者さんの取材に答えて、

手続の流れの中で今の状況があるのだから、

我々としては、更地にして明け渡してほしいと何回もお願いに来るしかない、と語る所長。

(仕事とはいえ、イヤな役目ですね〜)

 

地権者を追いつめているのは県だけど、

県こそが追い詰められている感じ・・・。

自分たちが敷いた線路の先には堅固な壁が立ちはだかっているのが、やっと見えてきて、

進めば進むほどその壁が大きく迫って来る。

そんな不安な眼差しを連想させます。

ブレーキを踏めばいいのに、踏む勇気がない。

そんな勇気の無い者が運転している列車の乗務員も可哀想。

 

一方、座り込みの現場では、こんなメッセージが・・・

ダムより花を・・・・いいなあ〜誰が考えたんだろう?

言葉もいいし、行為がまたいい。

 

花を愛でる心の余裕、中村知事にはきっとないだろう。

 

明渡しにには応じない!

今年8月に強制収用された3世帯の田んぼが、10月30日、明渡し期限を迎えました。

しかし、誰も明渡しには応じていません。

「これからも米を作り続ける」と、口をそろえます。

 

地権者の1人、川原さんの言葉に胸が痛みます。

「権力っていうのはこんなにも一方的なのかね」

「死んでしまえと言われているのと一緒」

無農薬で丹精込めたお米は豊作で、収穫の喜びも一入だったことでしょう。

だからこそ、納得のいく説明もしてもらえず出て行けと言われることが、どんなに悔しいか・・

でも、川原さんは悔しがるだけではない。悲しむだけではない。

 

明け渡すどころか、つい最近、高菜を植えました。

「県への抵抗」の意思表示です。

そして、年内には来年の田植えに備えて稲わらのすき込み作業もおこなう予定。

本当にあっぱれ!ですね。

ぶれない。逃げない。怖気づかない。

 

事業認定を錦の御旗に、土地収用法という最強の武器を手に、県がどんなに攻めてきても、

「こうばる」という城は落とせない。

追い詰めれば追い詰めるほど団結するのです。

 

沖縄県民のように。

 

収用委員会の「公正中立」が揺らいでいる

この記事に誰もがびっくり!

 

同様の記事が、毎日新聞にも読売新聞にも出ていました。

 

石木ダム:県収用委員が不適切発言 建設反対行動に「阻止ならブルドーザー」 /長崎
毎日新聞 2015年10月21日 地方版
http://mainichi.jp/area/nagasaki/news/20151021ddlk42010316000c.html

 県収用委員会の林田悧(さとし)委員(80)が、19日に県庁であった感謝状贈呈式で、石木ダム建設に反対する地元住民らの抗議行動について「阻止されたらブルドーザーを突っ込んで、業者を入れさせないと」などと発言していたことが、県などへの取材で分かった。住民側は「人権を無視した発言だ」と批判している。

 県用地課によると、発言は24日に3年間の任期を終える林田氏に感謝状が贈られた後の懇談であり、林田氏は「機動隊を入れるかどちらか」とも話したという。式には中村法道知事も出席しており、「けが人が出るのはよろしくない」などと応じたという。

 県収用委は知事が任命した弁護士ら7人の委員で構成され、林田氏は元県議。7、9日、ダム用地の強制収用に向けた県の裁決申請を受け、現地調査などを実施しようとしたが住民に阻止され断念した。

 林田氏は毎日新聞の取材に「審理を阻止されたことで少し感情的になってしまった。言い過ぎだった」と話した。一方、地権者の石丸勇さん(66)は「県収用委は公平中立の第三者組織と言うが、事実は全く違う。ついに化けの皮がはがれた」と憤った。【小畑英介、梅田啓祐】

 

公正中立であるべき第三者組織の委員が、中立ではなく、起業者の応援団的人物だったようです。

しかも「ブルドーザーを突っ込んで」やるか「機動隊を入れるか」などとけしかけるなんて…

林田委員とは何者?と思っていたら、調べてくださった方がいて・・

自民党元県議で、現役の土建屋さんとのこと。

「道理でブルドーザーを使いたがる。退任したので堂々と受注するつもりでしょうか」

と、その方は書かれていました。

 

また、長崎県収用委員会では、7人の委員のうち県議OBと県職OBがいるのは問題だと指摘。

東京都や沖縄県の収用委員会には、公務員OBはいません。

http://www.shuyou.metro.tokyo.jp/TOP/30meibo.html

http://www.pref.okinawa.jp/site/doboku/yochi/26869.html

林田委員の後任は、村山一正という方で、この方も元県議会議長です。

 

県は、なぜ公務員繋がりのお仲間を委員にするのでしょう?

お仲間の力で、自分たちの望み通りの裁決をしてもらうため?

それとも、お仲間に仕事を与えてあげるため?

どちらにしても私たち県民にとって大きな不利益です。

 

ま、元公務員でなくても、お仲間ばかりのようですが・・

再任された弁護士が「事務局と一丸となってスクラム組んでやっていく」と言ったというのだから、

お先真っ暗。弁護士にあるまじき発言だし、どうしようもない委員会ですね〜

 

収用委員会またも中止

昨日の収用委員会も中止となりました。

 

 

戸田会長のコメントの全文は長崎県のホームページで見られます。

http://www.pref.nagasaki.jp/press-contents/213886/ 

以下転載。(下線は当方で入れました)

 

石木ダム建設事業に伴う土地収用事件に関する本日の収用委員会の審理が、去る7日に続き、石木ダム建設反対を訴える集団の心無い妨害により、開催できなかったことは、誠に遺憾である。

収用委員会は、土地収用法に基づき、公正、中立な立場で、土地収用に伴う損失補償額等を判断する執行機関で、憲法第29条第3項の正当な補償を実現する機関である。そして、収用委員会は、公共の利益の増進と私有財産の調整を図ることを責務として土地収用法に基づき事務執行しているが、その活動の中でも起業者及び土地所有者等双方に参集頂いて意見聴取を行う審理は土地所有者等の補償等に関する意見陳述の機会を与えるもので、土地所有者等の利益を守る重要な手続きの一つである。

収用委員会の審理開催を妨害する行為は、公共の利益の増進に反するばかりでなく、土地所有者等の意見陳述の機会を奪うことになり、ひいては土地所有者の権利を害するものである

石木ダム事業を巡っては、さまざまな意見があり、根強い反対運動が行われていることは認識しているが、反対運動は社会的に容認される範囲において行われるべきであり、収用委員会の審理の開催を力づくで妨害するような行為は、断じて許されるものではない

今後は、このようなことが二度と生じないよう、節度ある対応を望むものである。

 

平成27年10月9日

長崎県収用委員会会長 戸田 久嗣

 

収用委員会会長のお立場としては正当なコメントだと思いますが、地権者の立場では納得できないでしょう。

下線部分について反論したいと思います。

 

1.「収用委員会は公正、中立な立場」という部分にまず疑問を感じます。

  起業者である県が選んだ委員、そして事務局は県の土木課。

  土地収用法の手続き全てがそう。

  行政の行政による行政のための手続き。

  どこが中立なのでしょう?

 

2.「収用委員会の審理開催を妨害する行為は、公共の利益の増進に反する」というのは、事業認定した側の論理です。

  この事業を認定したことが間違いだったと思う人々にとっては、手続が進むことは公共の不利益になると考えます。

  「土地所有者等の意見陳述の機会を奪うことになり、ひいては土地所有者の権利を害する」?

  現在残っている地権者は皆さん、ダム建設に反対しています。

  自分たちの権利を守るために昨日の行為に及んだのです。

 

3.「収用委員会の審理の開催を力づくで妨害するような行為は、断じて許されるものではない」

  確かに力づくの行為は許されないものでしょう。

  しかし、権力という見えない力で、地権者の権利を奪い続けてきたのは県です。

  話し合いの求めにも応じず、県庁に出向いても会わずに逃げ回る知事。

  真に公正な機関が間に立って、起業者と地権者双方の意見をしっかり述べ合う場を設定してくれたら、

  地権者は喜んでその場に行くでしょう。

  そして、堂々と起業者と議論するでしょう。

  そのプロセスの中で、真に有効な治水・利水対策が生まれ、

  県民に喜ばれる公共事業の姿が見えてくるでしょう。

  

  誰が好き好んで妨害行為などやるでしょう?!  

 

 

収用委員会阻止 その心は

今日は川棚町公民館で、石木ダム収用委員会が開かれ、審理が行われる予定でした。

しかし、地権者や支援者は審理を拒否し、開会を阻止しました。

なぜ地権者は阻止したいと思ったのか。

なぜ支援者はそれを応援したのか。

それをお伝えしたいと思います。

 

昨年9月の第1次収用裁決申請を受けて、

昨年12月と今年2月、2回にわたり審理がおこなわれました。

その時は地権者も弁護団も出席して意見を述べました。

しかし、今年6月に出された結論は、起業者(県)の意向通りの裁決でした。

NBCニュースでも解説していたように、この裁決によって、

すでに今年8月、4世帯の農地が強制収用されてしまったのです。

 

そして、地権者の皆さんは悟ったのです。

収用委員に期待した私たちが甘かったと。

真実を伝え、正義を訴えれば、この事業に公益性のないことがわかってもらえるかも…

公益性の無い事業のために強制収用する補償額など決められず、

裁決申請の却下という選択も有り得るのではないか・・・と。

 

そんな期待を嘲笑うかのように、第2次裁決申請が今年7月に出されました。

今回は4世帯の家屋が含まれているのです。

今そこに家族そろって暮らしているのです。

その家を奪おうとする収用委員会を、どうして見過ごすことができるでしょう?

委員会の審理を止め、裁決を阻みたいと思うのは、地権者として当然の願いです。

このように訴える地権者に対し、収用委員会の事務局である用地課の担当者は、

と述べました。

収用委員会とはダムの必要性を論じる場ではないんですよ、

補償金の額などを判断する場なんですよ、と。

収用委員会の戸田会長も同じことを言われました。

おっしゃる通りです。

土地収用法の手続きの中ではそのように定められています。

この法律に則って皆さんはその任務を果たされているわけで、委員の方を責めるつもりはないのです。

 

しかし、では、なぜ県は必要性について説明責任を果たそうとしないのか?

どうして話し合いに応じないのか?

地権者はどこに話し合いの場を求めればいいのか?

この理不尽さ、不誠実さ、無責任さに地権者は怒っているのです。

それをわかってもらうために、委員会審理を阻止せざるを得なかったのです。

 

今日、この部屋は、結局無用となりました。

次回、10月9日に予定されている収用委員会はどうなるのか・・・

また無用になるとわかっていても帳面消しのため、準備するのでしょうか?

委員の皆さんも県職員の皆さんも貴重な時間を浪費させられて、お気の毒です。

 

もっとも、長崎県には浪費という概念は無いのかも・・・

石木ダムのような無駄な事業に莫大な税金を投入しても平気なのですから。

そして、その無駄な事業のために貴重な自然を壊しても平気。

そのために住民の家とふる里を犠牲にしても平気。

 

あまりにも鈍感になっている。

県も議会も県民も。

その鈍感さが地権者の皆さんを追いつめているのです。

もう少し、私たちは、想像力を働かせて考えてみることが必要です。

私がもし地権者だったら、

無駄なダム建設予定地に住む地権者だったら、私に何ができるだろう?

どうすれば、家や田畑を守れるのだろう?と。

 

そうしたら、きっと、

地権者の怒りが、少しだけ伝わってくるのではないでしょうか。

 

生まれ育ったこの地で眠りたい

昨日で県の立入調査も終わりました。

何も調査できずに終わりました。

阻止行動の圧勝です。初日から地権者の怒りのオーラが県職員を圧倒しました。

それでも、県はなんら困らない。

既存の資料を使い調書は作成し、収用裁決申請も明渡し申立書も提出できるから・・・

そうやって、農地に続き、家をも奪おうとしている。

その上、お墓までも!

 

川原さんの言葉が胸に刺さります。

2歳で亡くなった兄も、病に倒れた父母もこの墓で眠っている。

私もまたこの地で生き、死にたいだけだ。

 

こうばるには、あまり知られていませんが、こんな歌もあるのです。

 

 

      ふるさと 川原(こうばる)

 

サケが川を上るように ツルが北に渡るように

人は ふるさと目指します

もしもその時ふるさとが 水の底に沈んでいたら

私のこどもたちは どこに帰ればいいのだろう

ここはこうばる あなたのふるさと

守り抜きます 私のふるさと

 

サケが川を上るように ツルが北に渡るように

人は ふるさと思います

先祖の眠るふるさとを 水の底に沈めたら

私の父母(ちちはは)は どこに眠ればいいのだろう

ここはこうばる 私のふるさと

守り抜きます あなたのふるさと

 

 

土下座

私たちの土地を奪わないでください!

お願いします!

そう叫んで突然すみ子さんが土下座しました。

 

測量調査阻止行動3日目。

いつもの時間(9時半)に県職員がゾロゾロとやってきて、

「皆さん、お願いします。道を開けてください。測量をさせてください」と言い、

反対地権者や支援者との不毛なやり取りを続けていた時のことでした。

 

一瞬静寂が訪れました。

私たち支援者はもちろん、地権者の皆さんも驚きの余り体が固まってしまったようです。

カメラのシャッター音だけが響きました。

私もカメラを向けながら、熱いものがこみあげてきました。

しばらくしてダム事務所の古川所長が手を添えて立ち上がらせましたが、すみ子さんはまだ訴え続けました。

 

「私たちはここに住み続けたいだけなんです! 石木ダムは断念してください。

 (断念してもらうには)どがんしたらいいですか? どういう方法があるんですか?教えて下さい!」

 

他の地権者も言いました。

「40年も50年も前にできた計画をなぜ押し付けようとするのか?おかしいじゃないか!」

「佐世保の水はもう足りている。治水対策はダムよりも河川改修の方がよっぽどいい!」

 

所長「必要性の話を皆さんとすると、どうしても平行線になるんですよね」

地権者「当たり前だ。県が考えを変えようとしないからそうなるんですよ」

支援者「現実から目を背けないで下さい。佐世保市の実態を見てください。勝手に数字合わせをしないで下さい」

支援者「ここ数年ずっと佐世保のダムの貯水率は90パーセントを切っていないんですよ。ご存知ですよね?」

支援者「無駄なお金を使わないでください!」

地権者「もう帰ってください。午後からも来ないでください」

所長「申し訳ないけど、申し訳ないけど、あと二日間来ます」

所長さんも辛い立場だと思います。

どんなに罵倒されても、あるいは地権者に同情の念が湧いたとしても、上司の命令には逆らえない。。

立入調査として予定された期間は、業者を引き連れ、お願いに行かなければならない。

測量などできないことはわかりきっているのに。

このプラカードを毎日目の前に突き付けられているのに、見えないはずはない。

読めないはずはない。

理解できないはずはない。

 

それでも、毎日ゾロゾロとやって来る。

4日間で320人態勢だそうです。

その人件費だけでもいくらかかるか?

聞いても答えてはくれないでしょうから、皆さん、勝手に推測しましょうー

 

そのお金は結局私たち県民の税金!

この理不尽な県政につける薬はないものか・・・


 

立入調査2日目 怒りの底にあるものは…

立入調査2日目。

今日も、午前と午後1回ずつ県職員はやってきました。

「調査をさせて下さい。お願いします」と。

その答えは地権者が手にしたプラカードに書かれています。はっきりと。

我々は、土地も家も売らない。

家屋調査や土地測量、必要なし。

 

それでも帰ろうとしない県職員に向かって、地権者の言葉は荒くなります。

丁寧にお願いする県と怒鳴り返す地権者の構図は、第三者が見れば一瞬誤解を招くかもしれません。

地権者の人たちって強引で横暴な人たちなの?と。

 

そうではありません。

どんなに礼儀正しくお願いしても、法律に則っていても、自分の家や田畑を奪いに来る人は、

地権者にとっては「強盗」と同じです。

 

ここはじいちゃん、ばあちゃん、オヤジ、オフクロから受け継いだ大事な田んぼ。

ここは俺が生まれ育った、たった一つのふる里。かけがえのないふる里。

ここは私が嫁いだ場所。子どもを産み育て、私も育てられた第二のふる里。

家族の幸せがいっぱい詰まった我が家。私の生きる場所。

どうして俺たちが追い出されるんだ?

どうして私たちが犠牲にさせられるの?

私たちにも自分の財産を守る権利はあるはず!

どうして今ダムが必要なんだ?

どうしてここでなくちゃいけないの?

誰か説明してくれ!

私たちにわかるように説明して!

 

既に説明済みです。事業認定という国のお墨付きも頂いています。

もうこの畑は国のものですよ。この野菜は処分して下さいよ。

二度とここに植えてはなりませんよ。

次は宅地です。家は取り壊します。

その補償額を計算するために測量調査が必要です。

さあさあ、邪魔をしないで調査をさせてください。

 

と慇懃無礼に迫ってくる者に、どうして応じることができるでしょうか。

土地収用法という為政者にとって都合のいい法律を武器に、どんどん攻めてくる県。

それに対して素手で立ち向かっている地権者。

あまりにも力の差があり過ぎる。

その悔しさ、悲しさ、理不尽さ。。

その心理を新聞記者は見つめ、伝えています。

 

立入調査に地権者の怒り爆発

昨年7月、今年1月に続き、3回目の立入調査です。

強制収用のための調査ですから、地権者の皆さんが許すはずはありません。

支援者も朝からたくさん集まって、県職員を待ちかまえました。

午前も午後も地権者の、怒りがほとばしるような抗議の声に立ち尽くし、返す言葉も無い県職員。

最後は「帰れ!」コールに送られて、去っていきました。

 

夕方のNHKニュースでは、このように報じました。

石木ダムで県が測量調査できず

川棚町に計画している石木ダムの建設を進めるため、県は、ダムで水没する9軒の家屋を含む約9万平方メートルの土地の強制的な収用に向けて2日、現地で土地や建物の補償額を決めるための調査を行おうとしましたが、地権者らの反対にあい、2日は調査ができませんでした。
石木ダムをめぐっては、建設に反対する一部の地権者と県との用地交渉が難航していて、県は法律に基づいてすべての土地を強制的に収用する手続きを、工事の内容に応じ3つの時期に分けて進めています。
今回は、ダムで水没する9軒の家屋を含むおよそ9万平方メートルの土地が対象で、強制的に収用する「裁決申請」に向けた手続きを進める上で必要な土地や家屋の測量調査を行おうと2日、県の職員や測量業者などおよそ30人が午前9時半前に集まりました。
しかし、調査を行う土地に通じる道路には反対する地権者やその支援者など30人あまりが集まり、道路を塞ぐように横断幕を持って激しい抗議活動を行いました。
県の担当者が「きょうから4日間調査をします。道をあけてください」と調査への協力を求めましたが、地権者側は「土地を取り上げるやつらは帰れ」などと声を荒げ、押し問答となりました。
押し問答は、およそ10分ほど続きましたが、結局、県は午前中の立ち入り調査を断念し、引き上げました。
県は午後も現地を訪れましたが、地権者側の反対にあい、2日は調査ができませんでした。
県は、3日も現地を訪れ、地権者に対し測量調査への協力を要請することにしています。
石木ダム計画に反対し、今回の測量調査の対象になる地権者の岩下和雄さんは「地権者の同意を得ずに土地を取り上げるという行為が間違っている。これからも断固阻止する」と話していました。
一方、県の石木ダム建設事務所の古川章所長は「調査をやめるつもりはない。また改めてお願いに来る」と話していました。

 

皆が集まったのは、おばあちゃんたちのサロン「団結小屋」の前。

今日までふる里をダムから守った真の功労者は、このおばあちゃんたち。

そして、そのそばを流れる石木川は、

歌うように、笑うように、今日も楽しそうに流れていました。。。